2099年12月31日

★☆★INFORMATION★☆★

51IOwLzSmmL.jpg   cd_applegeeta2.jpg

Raga & Rock & Sitar CD album 『ONENESS』 by APPLE GEETA now on sale!!!
Released 1st Sep.2016 from Tears Label.
You can buy nationwide CD shop.

◆CDJapan
http://www.cdjapan.co.jp/product/DAKTLCD-160901
◆Amazon.co.jp
https://www.amazon.co.jp/ONENESS-APPLE-GEETA/dp/B01ITDYYVU
◆Tower Records
http://tower.jp/item/4316510/ONENESS

-----------------------------------------
The Song List of "ONENESS"
1.Govinda(Traditional)
2.Evearlasting Love(Apple Geeta,2016)
3.I Belong To You(Apple Geeta,2015)
4.Cleotatra(Isao Tomita,1970)
5.Drive Your Car(Apple Geeta,2015)
6.Across The Universe(Lennon&McCartney,1968)
7.Julia(Apple Geeta,2015)
8.Without You(Apple Geeta,2015)
9.Last Avatara(Apple Geeta,2016)
10.Moola Mantra(Traditional)

♪Listen here↓
http://musictown2000.sub.jp/applegeeta/discography.html

♪♪♪Live information 2018♪♪♪

11/9(金)北インド古典音楽@ノルカ(金沢市広坂)
https://nolka.info

11/18(日)インド音楽シタール教室第7回発表会@万象房(町田)
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/

12/8(土)北インド古典音楽とネパール音楽@万象房12周年記念(町田)
シタール:国分あきこ、サーランギ:西沢信亮、タブラ:池田絢子
かうりとのるぶ:伊藤香里(ネパールサーランギ/歌)、勝田信明(マーダル)
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/
posted by Akiko☆sitar at 00:00| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

万象房12周年ライブ最終夜「North Indian & Nepal Music -ネパールからインドへ、南アジアの夜!-」

A4二つ折ヨコ右表紙-表(12周.jpg

町田・万象房12周年を記念して「ネパールからインドへ」ライヴやります♪

インド音楽講師3名が勢ぞろい!
タブラ担当の池田絢子さん、サーランギ担当の西沢信亮さん、シタール担当の私国分あきこ。
そして、ネパール音楽ユニット「バンチャパリワール」から「かうりとのるぶ」さん達も出演します!

みなさまのお越しをお待ちしております〜


2018.12.08(土)町田・万象房

開場 18:30 開演 19:00
¥3000(1ドリンク付)

BANSHOW-BOH 12th Anniversary Live 3days!the Last Night

万象房12周年ライブ最終夜「North Indian & Nepal Music -ネパールからインドへ、南アジアの夜!-」

●Hindustani Music / 北インド古典音楽
池田絢子(タブラ)
国分あきこ(シタール)
西沢信亮(サーランギ)

●ネパール音楽
かうりとのるぶ:伊藤香里(ネパールサーランギ/歌)、勝田信明(マーダル) from バンチャパリワール

町田
BANSHOW-BOH
万象房
東京都町田市森野1-34-18-5F(エレベーターあります)
お問合せ先:TEL 042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/
posted by Akiko☆sitar at 09:59| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

★2018年万象房インド音楽教室合同発表会!第7回シタール&第1回サーランギ★

11月18日(日)14:15開場 14:30開演

万象房カルチャー・インド音楽教室合同発表会&懇親会
シタール第7回発表会サーランギ第1回発表会

♪シタール教室のみなさん
♪サーランギ教室の皆さん
♪国分あきこ(シタール講師)
♪タブラ:西沢信亮(サーランギ講師)、坂口太郎(タブラ教室
 ※ インド音楽に興味がある方はどなたでも歓迎です。お気軽にお越し下さい。

観覧の方
¥1500(1ドリンク付+軽食付)

会場・万象房(BANSHOW-BOH)
東京都町田市森野1-34-18-5F
(小田急線「町田駅」北口より徒歩3分)
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh
TEL.042-851-8875(月曜休)

万象房インド音楽教室2018発表会ちらし.pdf
posted by Akiko☆sitar at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

Caravan 北インド古典音楽〜トルコ音楽★9th Nov. 2018

41808187_2390352754315508_6747382068553973760_n.jpg

Caravan 北インド古典音楽〜トルコ音楽公演
日時:2018年11月9日(金)
場所:nolka(金沢市広坂1−1−28 広坂パレス3F)
料金:3000円(別途1D500円)

演奏:
立岩潤三(タブラ)東京
国分あきこ(シタール)東京
及川景子(バイオリン)東京

ダンサー:
MIHO 東京
Nourah 東京
masami
studiovafra
posted by Akiko☆sitar at 19:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

北インド古典音楽 at 音や金時, 19 Oct. 2018 終了しました★

44360642_282651399125008_6552901723143274496_n.jpg 41808187_2390352754315508_6747382068553973760_n.jpg

立岩潤三さんとの北インド古典音楽ライブ終了しました♪

前半ステージはRaga Patdeep / Alap〜Jod〜Vilambit Teentaal〜Drut Teentaal〜Jhala、後半ステージはMishra Bhairavi / Rupaktaal〜Dadrataal。

久しぶりにAlapから最後Jhalaまで約70分ほど演奏しましたねー。
天から降りてくる音の流れに身を任せ、半分瞑想しているような状態での演奏でした。
時計を見ないで演奏していたのですが、体感的には4〜50分くらい?
インドの午後の暑い雰囲気が出せたのではないかと思います。
演奏後、私もすっかり汗だくでした(^^;)

後半ステージのMishra Bhairaviは、Bhairaviというラーガ自体が重々しく、ラーガの王様とも言われるラーガです。
よく大御所がコンサートの最後で演奏したりするような究極のラーガの為、おいそれとは手が出せない、そんな演目でした。
私はまだまだ大御所のような魅力的な音色は出せていませんが、今の私にできる精一杯の演奏というか、歌を歌うように心を込めて、そして楽しんで演奏させていただきました。

共演していただいた立岩潤三さん、ありがとうございました!
そして、お越しいただいた方々、ありがとうございました!
気持ちよく演奏できる環境を提供いただいた音金マスターも、ありがとうございました!

次回、立岩さんとは11/9@金沢にて北インド古典音楽+α演奏いたします♪
みなさまのお越しをお待ちしております♡
posted by Akiko☆sitar at 01:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

北インド古典音楽 at 音や金時, 19 Oct. 2018

来月ですが10/19(金)久しぶりにタブラ立岩潤三さんと共演させていただきます。
私、国分あきこはシタールで北インド古典音楽を奏でます。
どなた様でもお越しいただき、聴いていただければ幸いです♪

42421083_242297193124400_2041384220483387392_n.jpg

☆北インド古典音楽
  日時:2018.10.19.(金)18:30開場/19:30開演
  場所:西荻窪「音や金時」(03-5382-2020)
     杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1f
     www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/tusin.html
  出演:国分あきこ(Sitar)、立岩潤三(Tabla)
  チャージ:¥2,500-
posted by Akiko☆sitar at 14:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

ライブ終了★APPLE GEETA × 一匹どんぐり from 神戸

IMG_0657.JPG IMG_0625.JPG
土曜の夜は楽しいライブになりました。
一匹どんぐりさんって変わった名前だなーと思っていたら、昔はどんぐりというバンドをやっていたとの事。
今は一人で活動しているので一匹どんぐりという名前らしい。
ちょうど一年前にAPPLE GEETA&日倉士歳朗ライブにご家族でいらっしゃったことをきっかけに、ご縁があり、今回のライブへとつながりました。
アップル・ギーターの名前の由来であるバガヴァッド・ギーター本も読んできてくださり、MCも面白かった!

img_0640_2.jpg 41874533_479550412521948_1574862124012797952_n.jpg

対するアップル・ギーターはタブラ奏者の原田康生をサポートメンバーに迎え、バジャンやオリジナル曲を演奏しました。
インドの言葉や英語や日本語を織り交ぜて歌っていますが、主にインドの神様や物語に関するあれやこれやを曲にしています。
神様に対する想いや、神様目線で作った曲なんかもあります。
興味を持っていただければアップル・ギーターのCDをお買い求めいただければ幸いです♪
2ndアルバム「ONENESS」はAmazon等でもお買い求めいただけますが、1stアルバム「APPLE GEETA」は今のところ万象房と、ティアーズレーベルのHPでお買い求めいただけます。
http://banshowboh.world.coocan.jp/tearslabel.html

今年は西日本豪雨や北海道地震などの自然災害による被害が甚大な為、CDの売り上げの中からも被災地へ義援金を送りたいと思っております。
みなさまどうぞよろしくお願い致します。

バガヴァッド・ギーター本もまた読み返したいと思っています。
原語はサンスクリットの為、私なんかはどうしても日本語訳で読むしかないのですが、、翻訳者によって若干解釈が変わってくるので、何名かの翻訳本を読み比べ?し、自分なりの理解を深めたいと思っています。
しかし、昨日はラーマーヤナの翻訳本を入手しましたので、しばらくはラーマーヤナ物語を読むことになるでしょう。
それはそれで楽しみ、楽しみ♪

次回のAPPLE GEETAライブは来年の予定です!
Akiko☆sitarとしてはしばらくお休み。
年内いっぱいはシタール奏者国分あきことして活動します!
次回の演奏もお楽しみに〜♪
posted by Akiko☆sitar at 23:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

LIVE★RocKaleidoScope vol.8★APPLE GEETA × 一匹どんぐり

ロック万華鏡ライブ第8弾です!
シンガーソングライターの一匹どんぐりさん、この日のライブの為に神戸からやってきます!
アップル・ギーターは前回に引き続きサポート・タブラにKohse Haradaを迎えての演奏。
曼荼羅のように音を紡ぎます。お楽しみに♪

39441564_2115366468730269_7516277529179586560_n.jpg

RocKaleidoScope vol.8
9月15日(土)
18:30 open 19:00 start
「APPLE GEETA × 一匹どんぐり」

♪APPLE GEETA:Akiko☆sitar(シタール/Vo.)&George★kigawa(ギター/Vo.) with 原田康生(タブラ)
http://musictown2000.sub.jp/applegeeta/

♪一匹どんぐり(vocal/guitar) from 神戸
https://ippiki-dongry.jimdo.com

¥投げ銭(ドリンク&フード別)

会場:万象房(BANSHOW-BOH)
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh
東京都町田市森野1-34-18-5F
(小田急線「町田駅」北口より徒歩3分)

お問合せは万象房へ
tel.042-851-8875(月曜休)
posted by Akiko☆sitar at 09:13| Apple Geeta | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

北インド古典音楽〜ターラを数えてみよう vol.2〜終了しました☆

DSCN2255.JPG DSCN2226.JPG DSCN2241.JPG DSCN2252.JPG

北インド古典音楽におけるターラ(リズム)を数えてみようの企画第二弾終了いたしました☆
拍子についてレクチャーを交えつつ実演という企画だった為、ご来場いただいた方みなさん手指をつかってカウントしていただきました。
今回のライブに限っては、リラックスして音楽を聴く、というよりも、お客さん自ら数を数えることでリズムを体感してもらった為、みなさんお酒も飲まずに真剣に聴いていてくださいました。
この猛暑の中ご来場いただきまして、本当にありがとうございました!

サーランギ西沢くん、タブラ宮木くんの、それぞれの説明も楽しく、新たな発見もありました。
数を数えながら演奏するという、非常に高度な技を編み出したインド人は本当にすごいなー、と思います。
その面白さにはまって我々演奏家たちはずっと音楽を、楽器を続けているのです。
これからもまだまだ、リズムについて私自身も知識を深めていきたいと思います。


昨夜のセットリスト↓

一部:国分あきこ(シタール)+宮木修平(タブラ)によるraga yaman / vilambit tintaal(ゆっくりな16拍子)

二部:西沢信亮(サーランギ)+宮木修平(タブラ)によるraga rageshri / rupai taal(7拍子)とdrut tintaal(速い16拍子)

三部:宮木修平(タブラ)+西沢信亮(サーランギ)によるタブラソロ vilambit ~ drut tintaal

四部:国分あきこ(シタール)+西沢信亮(サーランギ)+宮木修平(タブラ)によるraga desh / sitarkhani(16拍子)


次回のインド&ネパール音楽ライブ at 万象房は12/8(土)「万象房12周年 南アジアの夜」です!
インドサーランギ西沢信亮くん、ネパールサーランギ伊藤香里さんの出演が決定いたしました!
こちらもお楽しみに〜♪
http://banshowboh.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-8cd5.html
posted by Akiko☆sitar at 13:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

北インド古典音楽〜ターラを数えてみよう vol.2〜開催します♪

20180804live 2.jpg

北インド古典音楽 〜ターラを数えてみよう vol.2〜

北インド古典音楽はラーガ(旋律)とターラ(拍)で構成されています。
このライブではリズムサイクルであるターラを数えることを中心に、
説明を交えつつ演奏していきます。
みなさんもぜひ数を数えながらインド音楽を聴く、という体験をしてみて下さい。
演奏者共々、インド音楽の魅力を少しでもお伝えできれば幸いです。


2018年8月4日(土)18:30 open / 19:00 start
チャージ:2,500縁(1ドリンク付)

出演
国分あきこ(シタール)
西沢信亮(サーランギ)
宮木修平(タブラ)

会場
万象房(BANSHOW-BOH)
東京都町田市森野1-34-18-5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh
https://www.facebook.com/banshowboh/?fref=ts

ご予約・お問い合せは万象房まで

 *万象房へのアクセス*
小田急線「町田駅」の北口から徒歩3分。
(JR「町田駅」からは小田急線「町田駅」北口を目指して下さい。)
右にローソン、左にファミリーマートを見ながら100メートルほど歩くと、
5差路の左角にレンガ色の建物でホテル町田ヴィラがあり、
右斜めに1階がヤクルトの販売所、2階に極真カラテの看板が出ているビルの5階です。


 *出演者プロフィール*

 国分あきこ(シタール)
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。
12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhrupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
町田・万象房インド音楽シタール教室講師。
http://akikositar.seesaa.net/

 西沢信亮(サーランギ)
35本以上の共鳴弦を持ち、最も人の声に近い音色を持つとされるインドの弓奏楽器サーランギの演奏家。
2007年、デリーにて巨匠Ustad Sabri Khanの弟子であるMohd.Nasir Khanに師事。
以後、インド古典音楽の演奏を中心に、ソロをはじめ、声楽、舞踊の伴奏などの活動を行う。
2013年、半年にわたりインドに滞在、多くの演奏会に出演し現地の音楽家たちと共演。
また、デリーのサーランギ奏者を訪ね歩き取材活動を行う。
近年はタブラの演奏を逆瀬川健治氏に師事し、リズム理論を実践的に学び、インド古典音楽をより深く掘り下げるとともに、ライブの企画なども手掛けている。
また、音楽以外の分野では、きのこ、菌類の熱心な愛好家であり、フィールドワークも精力的に行っている。
町田・万象房サーランギ教室講師。
http://kyokuchi.blog116.fc2.com

 宮木修平(タブラ)
1983年埼玉県狭山市出身、新座市在住。
北インド古典音楽におけるタブラの複雑かつ美しいリズムと、即興演奏の中でのリアルタイムのコミュニケーションに感銘をうけ、2005年よりU-zhaan氏のもとでタブラを学ぶ。
2007年頃より北インド古典音楽の演奏や他ジャンルとのセッション等の活動を続けている。
直近の活動ではバンスリ奏者寺原太郎氏、サーランギ奏者Sangeet Mishra氏、シタール奏者田中悠宇吾氏、シタール奏者国分あきこ氏、サーランギ奏者西沢信亮氏、ギター奏者後藤将一郎氏らと共演。
posted by Akiko☆sitar at 09:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする