2016年06月30日

Serhan Baki 明日は予定通りタブラ演奏します!

昨夜は諸事情により出演予定だったイベントがキャンセルになってしまったSerhan Bakiですが、明日は予定通りタブラ演奏します!

明日の夜は金曜バーナイトセッション at 万象房
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/

フォルクローレ音楽家達とのセッションライブ、おひねり制となっております。
金曜日の夜、お酒を飲みながらふらりと町田 万象房に立ち寄ってみて下さい♪
だいたい19:30頃からスタートします〜

セッションメンバーはこちら。
菅沼ユタカ(ケーナ、サンポーニャ)
菅沼摂子(チャランゴ)
Serhan Baki(タブラ)
https://www.facebook.com/events/1343650735648936/
posted by Akiko☆sitar at 20:31| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

イベント内容変更のお知らせ

本日開催予定のイベントは諸事情により、Serhan Bakiが出演出来なくなってしまいました。
ご来場を予定していた方には申し訳ございません。
電気ブランコさんのソロライブに変更となることをご了承下さい。

posted by Akiko☆sitar at 17:46| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

インド音楽ライブ at 大陸バー 彦六, 12 July 2016

20160712.jpg

2016年7月12日(火)19:30 start
北インド古典音楽ライブ at 大陸バー 彦六
トルコ人タブラ奏者 SERHAN BAKI セルハン・バキ 来日公演

出演
Serhan Baki(タブラ)
沼沢ゆかり(シタール)
国分あきこ(シタール)

music charge : Donation

会場
大陸バー 彦六
東京都杉並区高円寺北2-22-11-2F
JR中央線・総武線高円寺駅北口より徒歩4分
電話:03-3336-5153
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/index.html
https://www.facebook.com/tairikubarhiko6/


出演者プロフィール
 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts

 沼沢ゆかり(シタール)
シタールを始めて見たのは、音楽映画でのラヴィ・シャンカールの演奏。それまで聴いた事のない幽玄な世界へ導びかれた。その神秘的な音色と楽器の美しさに強く惹かれ、日本在住のシタール奏者ネパール出身のスシュマ小俣氏に北インド古典音楽を学び始め、現在はインド出身アミット・ロイ氏のもとで学び続けている。
また、イラストレーターでもあり音楽や花をテーマにした作品を水彩画で制作している。
http://sarasane.exblog.jp/
https://www.facebook.com/yukari.numazawa.3

 国分あきこ
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhurupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/
https://www.facebook.com/akiko.kokubu
posted by Akiko☆sitar at 00:00| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

カトマンズバール タブラの夜, 3 July 2016

13233125_992225307526094_3225688505345561490_n.jpg

来日ツアーを行うタブラ奏者のSerhan Bakiセルハン・バキが、農家で歌い手のスズキミカコ、ギターの秋山映一、ウッドベースの大竹弘行と共演。
ジャズ、南米音楽、民謡に牧歌的なオリジナルをちりばめてのセッション。ネパール料理を味わいながら、地球を巡る音楽の旅へ!

オープン 18:00
スタート 18:30
music charge : Donation

セルハン・バキ(タブラ&フレームドラム)
秋山映一(ギター)
大竹弘行(ウッドベース)
スズキミカコ(うた)

ご予約も受け付けています♪

カトマンズバール(KATHMANDUBAR)
PEACE HIMALAYA RESTAURANT
神奈川県伊勢原市伊勢原2丁目2-21 2F
伊勢原駅北口より徒歩2分。伊勢原駅北口の鳥居をくぐって歩いてください。
TEL:070-6970-8449
http://www.peace-himalaya.com

アクセス
http://www.peace-himalaya.com/contents/access/


出演者プロフィール
【セルハン・バキ】タブラ&フレームドラム
13240116_992227664192525_8306569243964533677_n.jpg
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts

【秋山映一】ギター
13220815_992227437525881_7965869985985507831_n.jpg
1966年丙午、兵庫県加古川生まれ
6才まで京都府向日町、以後神奈川県内在住
小学校〜中学校ではTrp
高校ではTuba
中学生になってフォークギターを始める。
高校生になってジャズに夢中になる。
大学生になって中南米音楽に夢中になる。
でもずっとクラシック音楽も大好きです。
1986年〜廣木光一氏にギターを師事
1990年頃から都内、神奈川県内で演奏活動「Akiyama4」「平川バンド」
2001年〜藤沢本町クラジャのハウスバンド「渡辺久仁子バンド」に参加
2001年〜2010年、ジョージ・シアリング・スタイルのコンボ、小柳バンド(小柳浩vib、西田寛sax、秋山映一g、木下透b、尾川太郎d)に所属
2005年〜ブラジル音楽ユニット「Vidreiro」結成(はな&Eiichi)
2011年〜オリジナル曲を中心にジャズとフォルクローレのフューズの可能性をアコースティック且つミニマムな編成で探る「Ballads」(岩佐尚美vo&bombo・大竹弘行acb・秋山映一acg)、スタート!
2012年〜muraban!!! the Modern Jazz Classicsに参加。
2012年、Balladsから1st Album CD "Travesía"(自主制作)発表!
2014年、Balladsから2nd Album CD "Voice"(自主制作)発表!
http://eiichi-guitarist.jimdo.com
http://blogs.yahoo.co.jp/saci_perere_jp

【大竹弘行】ウッドベース
13310607_992226320859326_24192572907905227_n.jpg
中学入学と同時に吹奏楽部に入り、コントラバスを始める。
高校卒業後、ビッグバンドで活動し、ジャズに傾倒。 ジャズ・ベースを鳥越啓介氏に
師事する。
2001年、2002年に母校の吹奏楽委員会のために「My Way」 「上を向いて歩こう」をそ
れぞれ吹奏楽用に編曲。
2007年には某ソプラノ歌手のためにジャズ曲を編曲し、 山手のベーリックホールでコ
ンサートを行う。
2009年、ボーカリストの久保田涼子が企画した東京、名古屋、広島での夏のツアー「路
-path-」に参加。
2010年にもりぶ(sax)、スズキミカコ(vo)が中心となって立ち上げた農耕バンド「やま
やま」に参加。
そして、ギタリスト廣木光一氏の薦めでベーシストの吉野弘志氏に師事。
また、廣木光一トリオでドラマーの古澤良治郎氏と共演。その古澤氏の唄うドラムに衝
撃を受ける。
2012年に秋山映一(g)、岩佐尚美(vo)とのトリオによる、フォルクローレとジャズのフ
ューズを追求するユニット「Ballads」で1stアルバム「Travesia」を発表。
2014年にBalladsで2ndアルバム「Voice」を発表し、福岡〜佐賀ツアーを行う。
また、自身の音楽性を拡げるためにチェロを始める。
2015年にCROSSROAD(ありあけありあvib、廣木光一g、ハブカズコds)に参加。
以後、横浜・都内を中心に活動中。
http://blog.livedoor.jp/bamboobass/

【スズキミカコ】うた
13260235_992225717526053_25326427204425811_n.jpg
音楽好きな両親の影響で幼い頃から歌や音楽に親しみ、高校では軽音楽部に入りバンド活動に没頭していた。
また自然が好きで、農業短大でアウトドアサークルに入ったのをきっかけに登山や素潜りの旅に明け暮れる。
2001年より旅で得た体験や想いを綴ったオリジナル楽曲をもとにライブ活動を開始、その後ジャズやブラジル音楽へ傾倒し、都内レストランやバーでの演奏へと活動の幅を広げて行った。
2008年に畑を始めるため秦野に移り住み、現在は羊を飼いながら農業を営みつつ音楽活動を続けている。
http://yamayamafarm.jimdo.com
https://twitter.com/pocopana
posted by Akiko☆sitar at 00:00| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

タブラ奏者 SERHAN BAKI と電気ブランコのオリエンタルな夜 2days at 大陸バー 彦六

13445796_1050406655038917_2307176471811849450_n.jpg

タブラ奏者 SERHAN BAKI と電気ブランコのオリエンタルな夜 2days at 大陸バー 彦六
 *第一夜:2016年6月29日(水)19:30〜
 *第二夜:2016年7月13日(水)19:30〜
トルコ人タブラ奏者 SERHAN BAKI セルハン・バキ 来日公演

出演
電気ブランコ(三線、カリンバ、マンドリン、shruti box、ギター)
Serhan Baki(タブラ)

music charge : Donation

会場
大陸バー 彦六
東京都杉並区高円寺北2-22-11-2F
JR中央線・総武線高円寺駅北口より徒歩4分
電話:03-3336-5153
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/index.html
https://www.facebook.com/tairikubarhiko6/


出演者プロフィール
 電気ブランコ(オリエンタルフォークシンガー)
音と映像を中心として活動するアーティスト。
たいしゅんのソロ活動時もこの名前でライブを行っている。
(2014年より)
20代最後の年に作った谷川俊太郎著「わらべうた」全詩に曲をつけたデモテープをきっかけにライブ活動を本格開始。
1997年、四谷コタンにて初ライブ。
当初はギターの弾き語りスタイルであったが、独自のソロライブを追求するうち三線、カリンバ、マンドリン、shruti box、iPhoneアプリなどを駆使した独自の世界を作ってきた。
2002年、BOX東中野で上映されたオムニバス映画『zero plus2』に参加した菅野彰宏監督作品「ウーララ」で音楽を担当。予告編でも使われた。
2003年、奄美大島10日間滞在し、奄美のシマ唄を学んでいく事を決意。
2009年、MAZDA Zoom-Zoomスタジアムこけら落としの「新球場ようこそ大会」に参加。憧れであった野球場ライブを体感する。
パントマイマー・いちょうとのコラボも多く、
2010年、画家・石塚ツナヒロ氏個展イベント「ゆるむお茶会」@馬喰町ART+EATで音楽担当。
2012年、「さくっとパントマイム」@早稲田パフスペースでは役者として参加。
2014年、鈴木秀城・いちょうユニット「man-to-man」@代田橋CHUBBYでは
稽古時から参加し音楽を作った。
2015年、喜界島・塩道で行われた「しゅみち長浜節世界大会」に出場。
現在、初の公式音源の制作に向かい準備中である。
http://unagikikaku.jimdo.com/

 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts
posted by Akiko☆sitar at 00:00| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

インド音楽ライブ at 大陸バー 彦六, 22 June 2016

20160622.jpg

2016年6月22日(水)19:30 start
北インド古典音楽ライブ at 大陸バー 彦六
トルコ人タブラ奏者 SERHAN BAKI セルハン・バキ 来日公演

出演
伊藤礼(シタール)
Serhan Baki(タブラ)

music charge : Donation

会場
大陸バー 彦六
東京都杉並区高円寺北2-22-11-2F
JR中央線・総武線高円寺駅北口より徒歩4分
電話:03-3336-5153
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/index.html
https://www.facebook.com/tairikubarhiko6/


出演者プロフィール
 伊藤礼(シタール)
長野県生まれ。10歳の時シタールを始め、基礎的な演奏方法などを学び始める。
大学卒業を期に、父であり外国人で唯一ヒマラヤ聖者・故ナーダヨギ・D.R.Parvatikar師の教えを受け継いでいるシタール奏者・伊藤公朗氏に師事。
2010年、シタール奏者として活動を開始。全国各地でイベント、野外フェスをはじめ、カフェ、レストラン、重要文化財、国宝、神社仏閣などジャンルを問わず精力的に活動を行っている。
3.11原発事故を期に東京を離れ山梨に拠点を移す。
2012年からは年間200本を越えるライヴを全国各地で行う。
2015年春には、ロックバンド『幾何学模様』のサポートとしてヨーロッパ各地での公演に同行。13ヶ国30公演を行う。
同11月より、生徒数日本一を誇る宮地楽器MJ渋谷店にてシタール講師として勤務。インド音楽をはじめ、文化の普及のために活動を始める。
YBSテレビ・ラジオ、山梨日日新聞等、地元メディアをはじめ、インターネットメディア、全国各地の地方紙など様々な媒体でもその活動を取り上げられる。
http://itorei.jugem.jp/

 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts
posted by Akiko☆sitar at 00:00| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

インド音楽ライブ at 大陸バー 彦六, 21 June 2016

SekiguchiSerhan.jpg

2016年6月21日(火)19:30 start
北インド古典音楽ライブ at 大陸バー 彦六
トルコ人タブラ奏者 SERHAN BAKI セルハン・バキ 来日公演

出演
関口祐一(サロード)
Serhan Baki(タブラ)

music charge : Donation

会場
大陸バー 彦六
東京都杉並区高円寺北2-22-11-2F
JR中央線・総武線高円寺駅北口より徒歩4分
電話:03-3336-5153
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/index.html
https://www.facebook.com/tairikubarhiko6/


出演者プロフィール
 関口祐一(サロード)
88年〜91年米西海岸のアリアクバル・カレッジ・オブ・ミュージックでサロード奏法をUstad Ali Akbar Khanに師事。
Ustad Ali Akbar Khanの弟子ーインド音楽の至宝Pt. Nikhil Banerjeeの生涯で唯一の内弟子であるアミット・ロイ氏に97年から現在にいたるまで師事。
スイス、ヨーロッパでの演奏生活を経て、現在は日本全国各地で演奏活動を行っている。

 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts
posted by Akiko☆sitar at 00:00| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

タブライブ!北インド古典音楽&オリエンタルな夜シリーズ at 大陸バー彦六 6/21〜7/13

トルコ人タブラ奏者Serhan Bakiさんをお迎えして、日本人の弦楽器奏者達がセッションする、インド音楽&オリエンタルな夜シリーズ。4週に渡ってお送りします。
全日19:30スタート、music chargeはおひねり制ですので、毎夜楽しみにお越し下さいませ♪
予約受付は高円寺 大陸バー 彦六まで!

6/21(火)「北インド古典音楽ライブ」
Serhan Baki(タブラ)×関口祐一(サロード)
https://www.facebook.com/events/497893387068795/

6/22(水)「北インド古典音楽ライブ」
Serhan Baki(タブラ)×伊藤礼(シタール)
https://www.facebook.com/events/1596585640670109/

6/29(水)「オリエンタルな夜・第一夜の始まり」
Serhan Baki(タブラ)×電気ブランコ(三線、カリンバ、マンドリン、shruti box、ギター)
https://www.facebook.com/events/1728909920698051/

7/6(水)「北インド古典音楽ライブ」
Serhan Baki(タブラ)×西沢信亮(サーランギ)
https://www.facebook.com/events/1097665936964883/

7/12(火)「北インド古典音楽ライブ」
Serhan Baki(タブラ)×沼沢ゆかり(シタール)、国分あきこ(シタール)
https://www.facebook.com/events/200177540382762/

7/13(水)「オリエンタルな夜・第二夜の始まり」
Serhan Baki(タブラ)×電気ブランコ(三線、カリンバ、マンドリン、shruti box、ギター)
https://www.facebook.com/events/707685866040059/

会場:大陸バー 彦六
東京都杉並区高円寺北2-22-11-2F
JR中央線・総武線高円寺駅北口より徒歩4分
電話:03-3336-5153
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/event.html
posted by Akiko☆sitar at 02:10| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

北インド古典音楽ライブ@万象房,2 July 2016のお知らせ

イケメン風?タブラ奏者の方と共演することになりました。
昨今はインターネットの世界。
実際に会ったことはなくとも、共通の友人を介してインターネットの中で知り合い、「はじめまして」のご挨拶。
そして今回の演奏は決まりました。
インド音楽という共通言語で会話するように、即興演奏を繰り広げていくことになると思います。
おひねり制ライブとなりますので、お財布に少しだけ余裕を持ってお出かけ下さい(^^)

live20160702.jpg

2016年7月2日(土)19:00 start
北インド古典音楽ライブ at 万象房
トルコ人タブラ奏者 SERHAN BAKI セルハン・バキ 来日公演

出演
国分あきこ(シタール)
Serhan Baki(タブラ)

music charge : Donation

会場
万象房(BANSHOW-BOH)
東京都町田市森野1-34-18-5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh


出演者プロフィール
 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts

 国分あきこ
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhrupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/
posted by Akiko☆sitar at 22:18| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

Sitar night #3@三軒茶屋orbit, 24 June 2016に出演します!

12967503_1047726971932945_5332044307437284948_o.jpg

シタール伊藤礼さん主催LIVE EVENT、三軒茶屋orbitでの”sitar night”に私もシタールで出演することになりました!タブラはここ最近よくご一緒してもらっている喜名風人さんとの組み合わせです。シタールとタブラの醸し出す音色をじっくり味わいたい方はぜひ聴きに来て下さい!

13392241_1133452573342327_6491379287118814595_o.jpg

ステージ後半は、トルコから来日予定のタブラ奏者Serhan Baki(セルハン・バキ)さんとシタール伊藤礼さんの組み合わせの演奏もたっぷりありますので、こちらもお楽しみに〜♪

20160622.jpg

----------------

TIME:
19:00-22:00
Entrance:
FREE (1st Drink \1000)

三軒茶屋orbitにてはじまる”sitar night”。

2016年偶数月第4金曜日に開催。シタール伊藤礼によるLIVE EVENT。様々なゲストを迎えシタールとの共演、狂宴、はじまります。

第3回目となる今回は、ゲストにトルコから来日のタブラ奏者Serhan Baki(セルハン・バキ)を迎えて開催します。
また、シタールに国分明子さん、タブラに喜名風人さんにも演奏して頂きます。

奏者が変われば、演奏も変わる。
北インド音楽ならではの音楽性。
流れる様に紡がれて行く音。
シタールとタブラの掛け合い。

ぜひご堪能して下さい。

----------------

6/24(金)
"sitar night vol.3"
open 19:00-22:00
Charge FREE+DONATION (1st Drink \1000)

@ space orbit
東京都世田谷区太子堂5-28-9 B1
03-3411-3810
http://bar-orbit.com/

【LIVE】
*シタール
国分明子
伊藤礼
*タブラ
Serhan Baki
喜名風人

【massage】
nao

---------------

【投げ銭LIVEスタートします】

space orbitでは2016年より平日の終電までの時間帯を活用して、定期的に投げ銭LIVEがスタートすることになりました。
LIVEは休憩をはさんで2セット。アーティストの世界観をより深く発揮できる場を。そしてこの企画をきっかけにより広い層の地元の三軒茶屋のお客様に愛される店づくりを。

入場の際はポイ袋(ご祝儀袋/投げ銭制)をお渡しするので、是非アーティストの活動費にご協力ください。また、この企画に参加いただける弾き語りアーティストの方もいましたら、是非メッセージでご相談ください。随時募集中。よろしくお願い致します。

https://www.facebook.com/events/1746913518884627/


出演者プロフィール
 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts

 伊藤礼(シタール)
長野県生まれ。10歳の時シタールを始め、基礎的な演奏方法などを学び始める。
大学卒業を期に、父であり外国人で唯一ヒマラヤ聖者・故ナーダヨギ・D.R.Parvatikar師の教えを受け継いでいるシタール奏者・伊藤公朗氏に師事。
2010年、シタール奏者として活動を開始。全国各地でイベント、野外フェスをはじめ、カフェ、レストラン、重要文化財、国宝、神社仏閣などジャンルを問わず精力的に活動を行っている。
3.11原発事故を期に東京を離れ山梨に拠点を移す。
2012年からは年間200本を越えるライヴを全国各地で行う。
2015年春には、ロックバンド『幾何学模様』のサポートとしてヨーロッパ各地での公演に同行。13ヶ国30公演を行う。
同11月より、生徒数日本一を誇る宮地楽器MJ渋谷店にてシタール講師として勤務。インド音楽をはじめ、文化の普及のために活動を始める。
YBSテレビ・ラジオ、山梨日日新聞等、地元メディアをはじめ、インターネットメディア、全国各地の地方紙など様々な媒体でもその活動を取り上げられる。
http://itorei.jugem.jp/

 喜名風人(タブラ)
パーカッショニスト、ドラマーを経て2010年よりタブラをディネーシュ・チャンドラ氏より師事。クラブミュージックに影響を受けたビートを、ジャムセッションで即興的に創り上げるスタイルを得意とする。
https://www.facebook.com/kazato.kina

 国分あきこ
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhurupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/
posted by Akiko☆sitar at 21:15| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

北インド古典音楽ライブ 11 June 2016 終了☆

IMG_0111.JPG

バーンスリー寺原太郎さん2days at 音や金時の2日目は北インド古典音楽の夜。前半は雨季のラーガについてのレクチャーで、このrainy season代表的な3つのラーガについてデモンストレーションを交えながらの講義でした。

IMG_0107.JPG

ステージ後半はバーンスリー寺原太郎さんとシタール私とタブラ宮木修平さんによるジュガルバンディ。タンプーラは寺原百合子さん。ステージ上の熱気と湿度と緊張感で、即興ということもあり非常にスリリングな掛け合いとなりました。今回の良かったことも反省点も含め、次回の演奏の糧にしたいと思います〜。
ご来場いただいたみなさまありがとうございました!
posted by Akiko☆sitar at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

「さわりの夜」演奏会 vol.2 終了☆

DSCN9054.JPG

6月6日「楽器の日」にちなんで今年も開催しました「さわりの夜」演奏会 vol.2。
トップバッター筑前琵琶のナカムラユウコさんのちょっと気持ち悪いお話から始まって琵琶の音色を感じ、お次は電気ブランコさんのWネック三線。サワリのないところから、日常の身近にあるものでサワリ化!Guitar Sitarも披露して下さいました。

DSCN9019.jpg IMG_0008.JPG DSCN9027.JPG

インド部門はタンプーラのサワリ音に始まり、国分あきこシタールと喜名風人タブラのインド音楽演奏。
最後に出演者4人でセッションとなりました。
少しばかりマニアックな夜にお付き合いいただきまして、ありがとうございました!

DSCN9039.JPG DSCN9043.JPG
posted by Akiko☆sitar at 10:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

バーンスリー寺原太郎氏2daysの2日目に出演!

13323589_1099656666767337_3197476243734454747_o.jpg

北インド古典音楽バーンスリー寺原太郎さん2days at 音や金時の2日目に出演させていただきます!
ステージ前半は寺原太郎さんによるラーガの解説、後半にジュガルバンディでラーガを演奏します。
タブラの宮木修平さんと共演するのは初めて!ワクワク、ドキドキ、楽しみにお越しください♪

*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

2016年6月11日(土)
18:30 open / 19:30 start
live charge ¥2,700

寺原太郎(バーンスリー)
国分あきこ(シタール)
宮木修平(タブラ)

音や金時
杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
03-5382-2020
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
*予約不要です。直接会場にお越しください。

*********************************

 寺原太郎(バーンスリー)
92年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に、96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子H.アミット・ロイ氏に師事。06年より継続的にオーストラリアWoodford folk festivalに出演。07年坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」出演。映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ永遠に」(2011)、映画「るろうに剣心」(2012、2014)、スーパー歌舞伎U「ワンピース」(2015)で挿入曲を演奏。インド、オーストラリア、南米、北米をはじめ国内外で演奏活動を行う。インド古典音楽の深い理解に基づく、叙情的かつダイ ナミックな演奏で、各方面より高い評価を受ける。
http://srgmtaro.jimdo.com/

 国分あきこ(シタール)
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhurupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/

 宮木修平(タブラ)
1983年埼玉県狭山市出身、新座市在住。北インド古典音楽におけるタブラの複雑かつ美しいリズムと、即興演奏の中でのリアルタイムのコミュニケーションに感銘をうけ、2005年よりU-zhaan氏のもとでタブラを学ぶ。2007年頃より北インド古典音楽の演奏や他ジャンルとのセッション等の活動を続けている。
https://twitter.com/miyanqii
https://www.facebook.com/shuhei.miyaki
posted by Akiko☆sitar at 00:00| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする