2010年06月23日

Shrutis/シュルティたち

Shruti(シュルティ)とは・・・サンスクリット語由来で「聞こえたもの」「音」。インド音楽におけるいわゆる微分音のこと。

先日のパリ公演の練習では、まるで合宿のように部屋にこもって音を出し合っていた。特にvocalの笠原氏からシュルティについて学ぶことが多く、いままで聞こえないふりをしていた?音たちとたくさん向き合うこととなった。シュルティについては未だに自分の中で研究中なのでわからないことばかり。web上で検索してみると、丁寧にサロードで解説してくれている動画を見つけた。part1から6までみっちりあるので、興味のある人だけのぞいてみてね↓

Shruti Demonstration on Sarod - part 1 - Intro & komal Gandhar
http://www.youtube.com/watch?v=DOZP4YrNyko&feature=related

それでもまだ、シュルティについては(範囲が大きすぎて)解説しきれてない。これからも日々、よく耳を澄まして聴いていかなければ。


posted by Akiko☆sitar at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。