2013年11月06日

倍音ユニット「妙音天」11月のライブ!

基本の楽器はそれぞれシタールと琵琶とギター、すべて弦楽器ですが、声によるパフォーマンスも大事にしている倍音ユニット「妙音天」11月のライブ告知です!古典的な楽曲やそれぞれのオリジナル曲もありますが、民謡のレパートリーも少しずつ増やしていっており、今回は○○○○節を初披露予定!ユニットとしては6回目のライブ。これからも進化し続けます。

****************************************

「Stairway to Harmonique 〜倍音への階段〜 vol.6 妙音天(シタール 琵琶 ホーメイの調べ)」

三者三様が現す古(inishie)の倍音。波打ち、うねり、音と音が重なり合い、共鳴し、そして静けさがやって来る。シタール、琵琶、ホーメイ、声という波動で、それぞれの古典からオリジナル曲で楽しむことといたしましょう。過去と現在、静と動、有と無、時間と空間を行ったり来たりしながら、音・ことば・人間を体感して階段を昇る。

2013年11月23日(土)
19:30 開演
投げ銭LIVE+オーダー

出演:
青山雅明(ホーメイ)+ナカムラユウコ(筑前琵琶)+国分あきこ(シタール)

出演者プロフィール:
♪青山雅明
倍音シンガーソングライター 虚無僧尺八(法竹)奏者
12歳よりギターを弾き始め音楽活動を開始
1999年に倍音をテーマにしたバンド倍音S結成
2000年にトゥバ共和国で行われたホーメイコンテストでブループ部門2位を獲得。
2004年10月に倍音Sを脱退。様々なユニットを経てSOLO活動を開始。
2008年岡山守治と倍音デュオ神響王(カムヒビキング)結成
現在は日本の言葉と喉歌を中心とした原始的で素朴な弾き語りを中心に活動中
青山雅明HP
http://aoyama-masaaki.com/flash/

♪ナカムラユウコ
筑前琵琶弾き
2009年 姿の美しさに惹かれ琵琶を始める。筑前琵琶奏者の田原順子氏に師事。
古典以外に現代曲、創作弾き語り、民謡など。
格調高くなく、泥臭い琵琶を目指し試行錯誤中。

♪国分あきこ
印度音楽シタール奏者
2000年シタールを始める。
2005年日本在住シタール奏者アミット・ロイ氏に師事。
2009年アンビエント系オリジナル・インストゥルメンタルCD『puraana of Sitar』発表。
2010年インド音楽の理解をさらに深める為、北インド古典声楽(カヤール、ドゥルパド)を学び始める。
北インド古典音楽の知識を生かした即興演奏、オリジナル曲でのシタール演奏、弾き歌いで活動中。
国分あきこHP http://www8.plala.or.jp/akikositar/Home.html


たまり
川崎市麻生区高石1-11-1-1F
電話044-951-1603
http://www.tamari-sado.com/index.html


posted by Akiko☆sitar at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。