2014年11月16日

万象房シタール教室第3回発表会☆終了!

DSCN0201.JPG DSCN0162.JPG DSCN0193.JPG

毎月第2日曜日に開講しているシタール教室の発表会は今年で第3回目を迎え、無事に終了いたしました!
タブラ教室有志の生徒さん達にもご協力いただき、華やかなステージとなりました。
みなさん毎年着実に進化している様子が見て取れて、とても感慨深いものがあります。

シタールやタブラ、インド音楽は、少なくとも日本の学校の音楽教育(西洋音楽)の概念にはない、面白いジャンルだと私は思っています。
ただ日本の中では認知度は低く、知る機会も少なく、本当に興味のある人だけがインド音楽を聴いたり、楽器を練習したりしているのが現状です。
楽器を習得するのは本当に長い年月がかかり、腰を据えてじっくりと取り組まなければいけません。
私自身も講師という立場ではありますが、未だ修行途中であり、一生死ぬまで勉強期間だなーという風に感じています。

そんな気の長いインド音楽・シタールですが、少しでもみなさんの理解が進むように、本日の私の演奏時間はレクチャーを交えつつの実演。シタールでじっくりAlapを聴いていただいた後は、タブラの生徒さん達を見守りに来ていたイケダアヤコ先生に急遽タブラで参加してもらっちゃいました!
16拍子の数え方、みなさん分かりましたか?

今回出演していただいたシタール教室のみなさん、タブラ教室のみなさん、イケダアヤコ先生ありがとうございました&お疲れさまでした。
場所の提供からセッティング、接客までいつもお世話になっている万象房主の城川さん、ありがとうございました。
そして本日お越しいただいたみなさま、今日この日しか体験できない音楽の時間を共有することが出来て幸いです。ありがとうございました。
みなさん、またの機会にお会いしましょう!


posted by Akiko☆sitar at 23:23| 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。