2015年06月16日

H.Amit Roy Sitar Concert のお知らせ

Amit Roy フライヤー表面.jpg

H.Amit Roy Sitar Concert 〜 Niilaambar 〜

シタール奏者H.Amit Royによる北インド古典音楽コンサート。
H.AmIt Royの音楽の特長は、美しく輝く音色・華美な歌いまわし・変幻自在な表現力や創造力である。
伝説的なシタール奏者である師Nikhil Banerjeeを髣髴させる演奏にインドのマスコミは高い評価を与え【銀のように輝く旋律】と評した。
甘美な音色は、ときにやさしく、ときに激しく、川のように流れ、森のようにつつみこむ。
躍動感溢れるタブラのリズム、感情豊かなシタール、心を彩るコンサートをお送りします。

【演奏】H.Amit Roy(sitar)
    久本政則(tabla)

【日時】7月26日(日)
開場18時半 開演19時
前売 3000円 当日 3500円

【会場】MUSICASA
151-0066 東京都渋谷区西原3-33-1
Tel.03-5454-0054  Fax.03-5454-0053
◆Access
小田急線・東京メトロ千代田線
[代々木上原駅]東口より徒歩2分

京王新線
[幡ヶ谷駅]南口より徒歩12分

【予約・お問い合わせ】 
プロジェクト・ニランボル
tomomike@outlook.jp (北見)

MUSICASA http://www.musicasa.co.jp/

H.Amit Roy(Sitar)
シタール奏者。1959年、シタール製作者として名高いヒレン・ロイの息子としてカルカッタに生まれる。幼少の頃より父親から音楽を学び、国際的に活躍し たシタールの巨匠、故パンディット・ニキル・ベナルジー師の下研鑽を積んだ。1978年から師の亡くなる1987年まで、師とともに生活しながら学ぶとい う伝統的な音楽訓練を受ける。師ニキル・ベナルジーを彷彿とさせる演奏にインドのマスコミは高い評価を与え”銀のように輝く旋律”と評した。名古屋に居を 構えながら、インドはもとより、日本、ヨーロッパなどで旺盛な演奏活動を続ける一方、多くのCDを製作。名古屋、東京、兵庫、仙台で教室を開催。多くの愛弟子がインド古典音楽の演奏者として活躍している。
H.Amit Roy ホームページ
http://amit-roy.jimdo.com/

久本政則(タブラ)
1983年によりインド、コルカタにおいてマニック・ダス氏に師事。
コルカタ留学中から始まるアミット・ロイとの交友が日本にもたらした影響は計り知れない。長年にわたりアミット・ロイの伴奏をつとめている。

Amit Roy フライヤー裏面.jpg


posted by Akiko☆sitar at 20:55| Amit Roy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。