2016年06月15日

Sitar night #3@三軒茶屋orbit, 24 June 2016に出演します!

12967503_1047726971932945_5332044307437284948_o.jpg

シタール伊藤礼さん主催LIVE EVENT、三軒茶屋orbitでの”sitar night”に私もシタールで出演することになりました!タブラはここ最近よくご一緒してもらっている喜名風人さんとの組み合わせです。シタールとタブラの醸し出す音色をじっくり味わいたい方はぜひ聴きに来て下さい!

13392241_1133452573342327_6491379287118814595_o.jpg

ステージ後半は、トルコから来日予定のタブラ奏者Serhan Baki(セルハン・バキ)さんとシタール伊藤礼さんの組み合わせの演奏もたっぷりありますので、こちらもお楽しみに〜♪

20160622.jpg

----------------

TIME:
19:00-22:00
Entrance:
FREE (1st Drink \1000)

三軒茶屋orbitにてはじまる”sitar night”。

2016年偶数月第4金曜日に開催。シタール伊藤礼によるLIVE EVENT。様々なゲストを迎えシタールとの共演、狂宴、はじまります。

第3回目となる今回は、ゲストにトルコから来日のタブラ奏者Serhan Baki(セルハン・バキ)を迎えて開催します。
また、シタールに国分明子さん、タブラに喜名風人さんにも演奏して頂きます。

奏者が変われば、演奏も変わる。
北インド音楽ならではの音楽性。
流れる様に紡がれて行く音。
シタールとタブラの掛け合い。

ぜひご堪能して下さい。

----------------

6/24(金)
"sitar night vol.3"
open 19:00-22:00
Charge FREE+DONATION (1st Drink \1000)

@ space orbit
東京都世田谷区太子堂5-28-9 B1
03-3411-3810
http://bar-orbit.com/

【LIVE】
*シタール
国分明子
伊藤礼
*タブラ
Serhan Baki
喜名風人

【massage】
nao

---------------

【投げ銭LIVEスタートします】

space orbitでは2016年より平日の終電までの時間帯を活用して、定期的に投げ銭LIVEがスタートすることになりました。
LIVEは休憩をはさんで2セット。アーティストの世界観をより深く発揮できる場を。そしてこの企画をきっかけにより広い層の地元の三軒茶屋のお客様に愛される店づくりを。

入場の際はポイ袋(ご祝儀袋/投げ銭制)をお渡しするので、是非アーティストの活動費にご協力ください。また、この企画に参加いただける弾き語りアーティストの方もいましたら、是非メッセージでご相談ください。随時募集中。よろしくお願い致します。

https://www.facebook.com/events/1746913518884627/


出演者プロフィール
 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts

 伊藤礼(シタール)
長野県生まれ。10歳の時シタールを始め、基礎的な演奏方法などを学び始める。
大学卒業を期に、父であり外国人で唯一ヒマラヤ聖者・故ナーダヨギ・D.R.Parvatikar師の教えを受け継いでいるシタール奏者・伊藤公朗氏に師事。
2010年、シタール奏者として活動を開始。全国各地でイベント、野外フェスをはじめ、カフェ、レストラン、重要文化財、国宝、神社仏閣などジャンルを問わず精力的に活動を行っている。
3.11原発事故を期に東京を離れ山梨に拠点を移す。
2012年からは年間200本を越えるライヴを全国各地で行う。
2015年春には、ロックバンド『幾何学模様』のサポートとしてヨーロッパ各地での公演に同行。13ヶ国30公演を行う。
同11月より、生徒数日本一を誇る宮地楽器MJ渋谷店にてシタール講師として勤務。インド音楽をはじめ、文化の普及のために活動を始める。
YBSテレビ・ラジオ、山梨日日新聞等、地元メディアをはじめ、インターネットメディア、全国各地の地方紙など様々な媒体でもその活動を取り上げられる。
http://itorei.jugem.jp/

 喜名風人(タブラ)
パーカッショニスト、ドラマーを経て2010年よりタブラをディネーシュ・チャンドラ氏より師事。クラブミュージックに影響を受けたビートを、ジャムセッションで即興的に創り上げるスタイルを得意とする。
https://www.facebook.com/kazato.kina

 国分あきこ
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhurupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/


posted by Akiko☆sitar at 21:15| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。