2016年09月16日

Last Avataraという曲

kalki 2.jpg

アップル・ギーター最新アルバムに収録の「Last Avatara」という曲ですが、これはカリ・ユガ(世界が崩れ行く時代)の最後、世界の秩序が完全に失われた時代に現れて悪から世界を救い、新しい時代(ユガ)を始めるというヴィシュヌ神の化身カルキのことを歌っています。
ヴィシュヌ神の化身は10あると言われ、その最後10番目の化身がカルキです。
「化身」はたぶん英語的発音だと「アバター」になるかと思われますが、サンスクリット語らしく「アバターラ」とネーミングしてみました。
私が作った曲なので自分で歌う気満々だったのですが、私の声のkeyで鳴らした時のギターの音色がイマイチだった為に、結局George★kigawaが歌うことに...
しかし、アップル・ギーターらしい曲に仕上がったよー(^^)

-----------------------------------------------
 『Last Avatara』
作詞&作曲:Akiko☆sitar、編曲:APPLE GEETA


三千年ぶりに咲いた梅の花
季節外れの激しい雨が降る

7つの罪を犯し
世界が崩れ行く
暗闇が広がる

争いと偽善の時代が続いて
白馬に乗ったナイトが現れる

全ての悪を滅ぼし
新しい世界を創る
愛と平和と真実

Fight with the Devil
Chant His name
永遠の過去から未来まで

Send love to you
Last Avatara
無限の時間が循環する


三千世界の鴉を殺して
森の中であなたと朝日を待つ

カルマを繰り返して
自業自得 因果応報
努力は報われる運命

Fight with the Maya
Chant His name
真実は心の中にある

Send love to you
Last Avatara
無限の命が循環する


posted by Akiko☆sitar at 21:27| 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。