2017年03月25日

LIVE!スズキミカコ と Akiko☆Sitar 〜山々の音楽とラーガ・ロックの世界〜

LIVE!スズキミカコ と Akiko☆Sitar.jpg

LIVE!スズキミカコ と Akiko☆Sitar
〜山々の音楽とラーガ・ロックの世界〜

山々の音楽を奏でる「musica das montanhas」と、ラーガ・ロックの世界を繰り広げる「APPLE GEETA」の演奏会です。
ジャンルも系統も違う二つのバンドが辿り着く先はいずこ?
「宇宙」を横切って、最終的に「ひとつ」になります♪

4月22日(土) 18:30 open / 19:00 start
¥おひねり(ドリンク&フード別)

♪APPLE GEETA
 Akiko☆sitar(シタール/vo.)
 George★kigawa(ギター/vo.)

♪musica das montanhas
 スズキミカコ(唄)
 秋山映一(ギター)
 大竹弘行(チェロ)



 APPLE GEETA(アップル・ギーター)
女性シタール奏者Akiko☆Sitarと、男性ギタリストGeorge★Kigawaが組むオリジナル曲を中心としたアコースティック・ロック・バンド。
インド・テイストと英国テイストがブレンドされた、70年代風 虹色 ラーガ・ポップ&ロックの世界。
それぞれがティーンエイジャーの頃、ビートルズとの出会いをきっかけに音楽を始めたという縁で意気投合。
2012年に結成。2014年に1stアルバム『APPLE GEETA』発表。2016年発表の2ndアルバム『ONENESS』絶賛発売中!!
http://musictown2000.sub.jp/applegeeta/
https://www.amazon.co.jp/ONENESS-APPLE-GEETA/dp/B01ITDYYVU

 Akiko☆Sitar(シタール/歌/作詞・作曲)
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.アミット・ロイ指導の下、インド音楽の修行を続けている。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/

 George★Kigawa(アコースティック・ギター/歌/作詞・作曲)
ギター・プレイヤー&シンガーソングライター。
バンド「Nothing On My Mind」のアルバム『TEARS』(1998年)、『NOMM-2』(2000年)リリース。
他にも数々のミュージシャンのアルバムやセッションに参加。
ミュージシャン以外にもフィールドワークガイドや山岳宗教研究者として多面的に活動している。
http://musictown2000.sub.jp/kigawa-t/



 musica das montanhas(ムジカ ダス モンタニャス)
「山々の音楽」という意味。
それぞれ南米音楽やジャズ、民謡、クラッシックなど気の向くままに親しんできたメンバーが集まって、大自然を感じるオリジナルを演奏している。

 スズキミカコ(唄)
音楽好きな両親の影響で幼い頃から歌や音楽に親しみ、高校では軽音楽部に入りバンド活動に没頭していた。
また自然が好きで、農業短大でアウトドアサークルに入ったのをきっかけに登山や素潜りの旅に明け暮れる。
2001年より旅で得た体験や想いを綴ったオリジナル楽曲をもとにライブ活動を開始、その後ジャズやブラジル音楽へ傾倒し、都内レストランやバーでの演奏へと活動の幅を広げて行った。
2008年に畑を始めるため秦野に移り住み、現在は羊を飼いながら農業を営みつつ音楽活動を続けている。
http://yamayamafarm.jimdo.com
https://twitter.com/pocopana

 秋山映一(ギター)
1966年丙午、兵庫県加古川生まれ
1986年〜廣木光一氏にギターを師事
1990年頃から都内、神奈川県内で演奏活動「Akiyama4」「平川バンド」
2001年〜藤沢本町クラジャのハウスバンド「渡辺久仁子バンド」に参加
2001年〜2010年、ジョージ・シアリング・スタイルのコンボ、小柳バンド(小柳浩vib、西田寛sax、秋山映一g、木下透b、尾川太郎d)に所属
2005年〜ブラジル音楽ユニット「Vidreiro」結成(はな&Eiichi)
2011年〜オリジナル曲を中心にジャズとフォルクローレのフューズの可能性をアコースティック且つミニマムな編成で探る「Ballads」(岩佐尚美vo&bombo・大竹弘行acb・秋山映一acg)、スタート!
2012年〜muraban!!! the Modern Jazz Classicsに参加。
2012年、Balladsから1st Album CD "Travesía"(自主制作)発表!
2014年、Balladsから2nd Album CD "Voice"(自主制作)発表!
http://eiichi-guitarist.jimdo.com
http://blogs.yahoo.co.jp/saci_perere_jp

 大竹弘行(チェロ)
中学入学と同時に吹奏楽部に入り、コントラバスを始める。
高校卒業後、ビッグバンドで活動し、ジャズに傾倒。
ジャズ・ベースを鳥越啓介氏に師事する。
2001年、2002年に母校の吹奏楽委員会のために「My Way」 「上を向いて歩こう」をそれぞれ吹奏楽用に編曲。
2007年には某ソプラノ歌手のためにジャズ曲を編曲し、山手のベーリックホールでコンサートを行う。
2009年、ボーカリストの久保田涼子が企画した東京、名古屋、広島での夏のツアー「路-path-」に参加。
2010年にもりぶ(sax)、スズキミカコ(vo)が中心となって立ち上げた農耕バンド「やまやま」に参加。
そして、ギタリスト廣木光一氏の薦めでベーシストの吉野弘志氏に師事。
また、廣木光一トリオでドラマーの古澤良治郎氏と共演。その古澤氏の唄うドラムに衝撃を受ける。
2012年に秋山映一(g)、岩佐尚美(vo)とのトリオによる、フォルクローレとジャズのフューズを追求するユニット「Ballads」で1stアルバム「Travesia」を発表。
2014年にBalladsで2ndアルバム「Voice」を発表し、福岡〜佐賀ツアーを行う。
また、自身の音楽性を拡げるためにチェロを始める。
2015年にCROSSROAD(ありあけありあvib、廣木光一g、ハブカズコds)に参加。
以後、横浜・都内を中心に活動中。
http://blog.livedoor.jp/bamboobass/



会場:万象房(BANSHOW-BOH)
東京都町田市森野1-34-18-5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh
https://www.facebook.com/banshowboh/?fref=ts

 *万象房へのアクセス*
小田急線「町田駅」の北口から徒歩3分。
(JR「町田駅」からは小田急線「町田駅」北口を目指して下さい。)
右にローソン、左にファミリーマートを見ながら100メートルほど歩くと、5差路の左角にレンガ色の建物でホテル町田ヴィラがあり、右斜めに1階がヤクルトの販売所、2階に極真カラテの看板が出ているビルの5階です。


posted by Akiko☆sitar at 15:57| Apple Geeta | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。