2018年01月07日

明けましておめでとうございます

昨年は、『国分あきこ』として北インド古典音楽を演奏し、『Akiko☆sitar』としてロックを奏で、様々なジャンルのミュージシャン達と共演させていただきました。
咳喘息が再発したことを除けば大きな病気もせず、音楽活動を続けられたことに感謝します。
お世話になった方々ありがとうございました。

年始に初詣へ行った神社でおみくじを引くと中吉でした。
「短気をいましめ 何事にも心静かに他人とよく相談して事をなすべし」とありましたので、今年はなるべく気持ちを大らかに保ち、心穏やかに過ごしていきたいと思います。
今までの自分を振り返ってみると、結構何でも一人で決めて、一人で行動するようなところがあるので、今年は何事も誰かにに相談しながら事を行っていきたいと思います。
私が何か相談したい事があって、その時そこにいた人は、快く応じていただけると幸いです(^^)



さて、2018年最初のライブはシタール田中 悠宇吾くん、タブラ宮木修平くんとの共演です。
フライヤー用のこの素敵なデザインは悠宇吾くんが作ってくれました。
悠宇吾くんとはずいぶん前より知り合っていましたが、この度ご縁がありまして共演の運びとなりました。
流派の違うそれぞれのシタールの音色と、それに寄り添い彩りを与えるタブラの物語。ぜひ、お越し下さい!

23515729_1457912764326138_1054896503_n.jpg

生まれも育ちも違う3人が別々のところからやって来て、万象房という場所で集結する夜。
国分あきこのシタールと、田中悠宇吾のシタール、宮木修平のタブラ、
それぞれが持つ異なる音色で音楽という物語を共に描いていく。
旋律とリズムが時にやさしく、時に激しく宙を舞いながら交差して共鳴する。
音と音の合間の空に触れ、そこから生まれる意識に彩りを与えてゆく。
その物語の行方はいずこに。

Con-trust
2018.1.13(sat)
18:30 open/ 19:00 start
2,500yen

国分あきこ(シタール)
田中 悠宇吾(シタール)
宮木 修平(タブラ)

万象房
194-0022
東京都町田市森野1-34-18ユニオンビル5F
TEL 042-851-8875(月曜休)
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh

*万象房へのアクセス*
小田急線「町田駅」の北口から徒歩3分。
(JR「町田駅」からは小田急線「町田駅」北口を目指して下さい。)
右にローソン、左にファミリーマートを見ながら100メートルほど歩くと、
5差路の左角にレンガ色の建物でホテル町田ヴィラがあり、
右斜めに1階がヤクルトの販売所、2階に極真カラテの看板が出ているビルの5階です。
posted by Akiko☆sitar at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする