2018年08月05日

北インド古典音楽〜ターラを数えてみよう vol.2〜終了しました☆

DSCN2255.JPG DSCN2226.JPG DSCN2241.JPG DSCN2252.JPG

北インド古典音楽におけるターラ(リズム)を数えてみようの企画第二弾終了いたしました☆
拍子についてレクチャーを交えつつ実演という企画だった為、ご来場いただいた方みなさん手指をつかってカウントしていただきました。
今回のライブに限っては、リラックスして音楽を聴く、というよりも、お客さん自ら数を数えることでリズムを体感してもらった為、みなさんお酒も飲まずに真剣に聴いていてくださいました。
この猛暑の中ご来場いただきまして、本当にありがとうございました!

サーランギ西沢くん、タブラ宮木くんの、それぞれの説明も楽しく、新たな発見もありました。
数を数えながら演奏するという、非常に高度な技を編み出したインド人は本当にすごいなー、と思います。
その面白さにはまって我々演奏家たちはずっと音楽を、楽器を続けているのです。
これからもまだまだ、リズムについて私自身も知識を深めていきたいと思います。


昨夜のセットリスト↓

一部:国分あきこ(シタール)+宮木修平(タブラ)によるraga yaman / vilambit tintaal(ゆっくりな16拍子)

二部:西沢信亮(サーランギ)+宮木修平(タブラ)によるraga rageshri / rupai taal(7拍子)とdrut tintaal(速い16拍子)

三部:宮木修平(タブラ)+西沢信亮(サーランギ)によるタブラソロ vilambit ~ drut tintaal

四部:国分あきこ(シタール)+西沢信亮(サーランギ)+宮木修平(タブラ)によるraga desh / sitarkhani(16拍子)


次回のインド&ネパール音楽ライブ at 万象房は12/8(土)「万象房12周年 南アジアの夜」です!
インドサーランギ西沢信亮くん、ネパールサーランギ伊藤香里さんの出演が決定いたしました!
こちらもお楽しみに〜♪
http://banshowboh.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-8cd5.html
posted by Akiko☆sitar at 13:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする