2008年03月10日

3月20日は福井です!

昨日は横浜中華街のチャイハネ・シルクロード舞踏館でカタックダンスの伴奏&インド古典音楽の演奏でした。

ダンサーのめぐみさんとはインド・コルカタで出会ったことがきっかけで、今回この公演で初共演となりました。彼女はカタックダンスを始めてからまだ数年なのに、立派に踊れるし度胸もあって、これからの活躍も期待しています。

タブラのSusanta (Malay) Banerjee氏はとっても良いおじさんって感じ。私の師匠のAmit Roy氏とは幼なじみです。私の演奏をとてもほめてくださり、上手くフォローしてくれる方でした。

バンスリーの太郎さんは私の兄弟子で、いつか共演したいと思っていた人です。大先輩の隣でシタール弾くなんて!めっちゃ緊張しましたよーぅ。とても実力のある方で、たくさん勉強させてもらいました。バンスリーの音色の魅力がさらに分かった一日でした。

ガタム奏者のまっは君とも初対面&初共演で、笑顔のステキな好青年でした。ガタムを生で聴くのが初めてだったのですが、ただの壷のように見えて実は叩き方によっていろんな音色がでる楽器なのですね。とても面白い楽器、さらにそれを演奏するまっは君はなんて楽しそうなんだろうと思いましたよ。

昨日の公演に来ていただいたお客様及び関係者スタッフにはとても感謝しています。ありがとうございました。



今回のこの同じメンバーで3月20日に福井での公演が決定しました!
新しい出会いと、福井名物が今から楽しみです。

@福井県越前市 Echizenshi, Fukui, Japan
2008年3月20日(木)越前市今立芸術館 ホワイエ
http://www.city.echizen.lg.jp/office/090/030/imadategeizyutukan/syoukai.jsp
「春の夜のインディア」 開場18時30分 開演19時
大人3000円(当日 3500円) 高校生以下2000円(当日2500円)
Tabla:Sri.Susanta (Malay) Banerjee
Ghatam:久野 隆昭 Takaaki Kuno
Sitar:国分 明子 Akiko Kokubu
Bansuri:寺原 太郎 Taro Terahara
Kathak:廣光 恵 Megumi Hiromitsu


posted by Akiko☆sitar at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。