2016年06月20日

インド音楽ライブ at 大陸バー 彦六, 22 June 2016

20160622.jpg

2016年6月22日(水)19:30 start
北インド古典音楽ライブ at 大陸バー 彦六
トルコ人タブラ奏者 SERHAN BAKI セルハン・バキ 来日公演

出演
伊藤礼(シタール)
Serhan Baki(タブラ)

music charge : Donation

会場
大陸バー 彦六
東京都杉並区高円寺北2-22-11-2F
JR中央線・総武線高円寺駅北口より徒歩4分
電話:03-3336-5153
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/index.html
https://www.facebook.com/tairikubarhiko6/


出演者プロフィール
 伊藤礼(シタール)
長野県生まれ。10歳の時シタールを始め、基礎的な演奏方法などを学び始める。
大学卒業を期に、父であり外国人で唯一ヒマラヤ聖者・故ナーダヨギ・D.R.Parvatikar師の教えを受け継いでいるシタール奏者・伊藤公朗氏に師事。
2010年、シタール奏者として活動を開始。全国各地でイベント、野外フェスをはじめ、カフェ、レストラン、重要文化財、国宝、神社仏閣などジャンルを問わず精力的に活動を行っている。
3.11原発事故を期に東京を離れ山梨に拠点を移す。
2012年からは年間200本を越えるライヴを全国各地で行う。
2015年春には、ロックバンド『幾何学模様』のサポートとしてヨーロッパ各地での公演に同行。13ヶ国30公演を行う。
同11月より、生徒数日本一を誇る宮地楽器MJ渋谷店にてシタール講師として勤務。インド音楽をはじめ、文化の普及のために活動を始める。
YBSテレビ・ラジオ、山梨日日新聞等、地元メディアをはじめ、インターネットメディア、全国各地の地方紙など様々な媒体でもその活動を取り上げられる。
http://itorei.jugem.jp/

 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts


posted by Akiko☆sitar at 00:00| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

インド音楽ライブ at 大陸バー 彦六, 21 June 2016

SekiguchiSerhan.jpg

2016年6月21日(火)19:30 start
北インド古典音楽ライブ at 大陸バー 彦六
トルコ人タブラ奏者 SERHAN BAKI セルハン・バキ 来日公演

出演
関口祐一(サロード)
Serhan Baki(タブラ)

music charge : Donation

会場
大陸バー 彦六
東京都杉並区高円寺北2-22-11-2F
JR中央線・総武線高円寺駅北口より徒歩4分
電話:03-3336-5153
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/index.html
https://www.facebook.com/tairikubarhiko6/


出演者プロフィール
 関口祐一(サロード)
88年〜91年米西海岸のアリアクバル・カレッジ・オブ・ミュージックでサロード奏法をUstad Ali Akbar Khanに師事。
Ustad Ali Akbar Khanの弟子ーインド音楽の至宝Pt. Nikhil Banerjeeの生涯で唯一の内弟子であるアミット・ロイ氏に97年から現在にいたるまで師事。
スイス、ヨーロッパでの演奏生活を経て、現在は日本全国各地で演奏活動を行っている。

 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts
posted by Akiko☆sitar at 00:00| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

北インド古典音楽ライブ@万象房,2 July 2016のお知らせ

イケメン風?タブラ奏者の方と共演することになりました。
昨今はインターネットの世界。
実際に会ったことはなくとも、共通の友人を介してインターネットの中で知り合い、「はじめまして」のご挨拶。
そして今回の演奏は決まりました。
インド音楽という共通言語で会話するように、即興演奏を繰り広げていくことになると思います。
おひねり制ライブとなりますので、お財布に少しだけ余裕を持ってお出かけ下さい(^^)

live20160702.jpg

2016年7月2日(土)19:00 start
北インド古典音楽ライブ at 万象房
トルコ人タブラ奏者 SERHAN BAKI セルハン・バキ 来日公演

出演
国分あきこ(シタール)
Serhan Baki(タブラ)

music charge : Donation

会場
万象房(BANSHOW-BOH)
東京都町田市森野1-34-18-5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh


出演者プロフィール
 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts

 国分あきこ
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhrupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/
posted by Akiko☆sitar at 22:18| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

Sitar night #3@三軒茶屋orbit, 24 June 2016に出演します!

12967503_1047726971932945_5332044307437284948_o.jpg

シタール伊藤礼さん主催LIVE EVENT、三軒茶屋orbitでの”sitar night”に私もシタールで出演することになりました!タブラはここ最近よくご一緒してもらっている喜名風人さんとの組み合わせです。シタールとタブラの醸し出す音色をじっくり味わいたい方はぜひ聴きに来て下さい!

13392241_1133452573342327_6491379287118814595_o.jpg

ステージ後半は、トルコから来日予定のタブラ奏者Serhan Baki(セルハン・バキ)さんとシタール伊藤礼さんの組み合わせの演奏もたっぷりありますので、こちらもお楽しみに〜♪

20160622.jpg

----------------

TIME:
19:00-22:00
Entrance:
FREE (1st Drink \1000)

三軒茶屋orbitにてはじまる”sitar night”。

2016年偶数月第4金曜日に開催。シタール伊藤礼によるLIVE EVENT。様々なゲストを迎えシタールとの共演、狂宴、はじまります。

第3回目となる今回は、ゲストにトルコから来日のタブラ奏者Serhan Baki(セルハン・バキ)を迎えて開催します。
また、シタールに国分明子さん、タブラに喜名風人さんにも演奏して頂きます。

奏者が変われば、演奏も変わる。
北インド音楽ならではの音楽性。
流れる様に紡がれて行く音。
シタールとタブラの掛け合い。

ぜひご堪能して下さい。

----------------

6/24(金)
"sitar night vol.3"
open 19:00-22:00
Charge FREE+DONATION (1st Drink \1000)

@ space orbit
東京都世田谷区太子堂5-28-9 B1
03-3411-3810
http://bar-orbit.com/

【LIVE】
*シタール
国分明子
伊藤礼
*タブラ
Serhan Baki
喜名風人

【massage】
nao

---------------

【投げ銭LIVEスタートします】

space orbitでは2016年より平日の終電までの時間帯を活用して、定期的に投げ銭LIVEがスタートすることになりました。
LIVEは休憩をはさんで2セット。アーティストの世界観をより深く発揮できる場を。そしてこの企画をきっかけにより広い層の地元の三軒茶屋のお客様に愛される店づくりを。

入場の際はポイ袋(ご祝儀袋/投げ銭制)をお渡しするので、是非アーティストの活動費にご協力ください。また、この企画に参加いただける弾き語りアーティストの方もいましたら、是非メッセージでご相談ください。随時募集中。よろしくお願い致します。

https://www.facebook.com/events/1746913518884627/


出演者プロフィール
 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts

 伊藤礼(シタール)
長野県生まれ。10歳の時シタールを始め、基礎的な演奏方法などを学び始める。
大学卒業を期に、父であり外国人で唯一ヒマラヤ聖者・故ナーダヨギ・D.R.Parvatikar師の教えを受け継いでいるシタール奏者・伊藤公朗氏に師事。
2010年、シタール奏者として活動を開始。全国各地でイベント、野外フェスをはじめ、カフェ、レストラン、重要文化財、国宝、神社仏閣などジャンルを問わず精力的に活動を行っている。
3.11原発事故を期に東京を離れ山梨に拠点を移す。
2012年からは年間200本を越えるライヴを全国各地で行う。
2015年春には、ロックバンド『幾何学模様』のサポートとしてヨーロッパ各地での公演に同行。13ヶ国30公演を行う。
同11月より、生徒数日本一を誇る宮地楽器MJ渋谷店にてシタール講師として勤務。インド音楽をはじめ、文化の普及のために活動を始める。
YBSテレビ・ラジオ、山梨日日新聞等、地元メディアをはじめ、インターネットメディア、全国各地の地方紙など様々な媒体でもその活動を取り上げられる。
http://itorei.jugem.jp/

 喜名風人(タブラ)
パーカッショニスト、ドラマーを経て2010年よりタブラをディネーシュ・チャンドラ氏より師事。クラブミュージックに影響を受けたビートを、ジャムセッションで即興的に創り上げるスタイルを得意とする。
https://www.facebook.com/kazato.kina

 国分あきこ
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhurupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/
posted by Akiko☆sitar at 21:15| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

バーンスリー寺原太郎氏2daysの2日目に出演!

13323589_1099656666767337_3197476243734454747_o.jpg

北インド古典音楽バーンスリー寺原太郎さん2days at 音や金時の2日目に出演させていただきます!
ステージ前半は寺原太郎さんによるラーガの解説、後半にジュガルバンディでラーガを演奏します。
タブラの宮木修平さんと共演するのは初めて!ワクワク、ドキドキ、楽しみにお越しください♪

*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

2016年6月11日(土)
18:30 open / 19:30 start
live charge ¥2,700

寺原太郎(バーンスリー)
国分あきこ(シタール)
宮木修平(タブラ)

音や金時
杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
03-5382-2020
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
*予約不要です。直接会場にお越しください。

*********************************

 寺原太郎(バーンスリー)
92年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に、96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子H.アミット・ロイ氏に師事。06年より継続的にオーストラリアWoodford folk festivalに出演。07年坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」出演。映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ永遠に」(2011)、映画「るろうに剣心」(2012、2014)、スーパー歌舞伎U「ワンピース」(2015)で挿入曲を演奏。インド、オーストラリア、南米、北米をはじめ国内外で演奏活動を行う。インド古典音楽の深い理解に基づく、叙情的かつダイ ナミックな演奏で、各方面より高い評価を受ける。
http://srgmtaro.jimdo.com/

 国分あきこ(シタール)
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhurupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/

 宮木修平(タブラ)
1983年埼玉県狭山市出身、新座市在住。北インド古典音楽におけるタブラの複雑かつ美しいリズムと、即興演奏の中でのリアルタイムのコミュニケーションに感銘をうけ、2005年よりU-zhaan氏のもとでタブラを学ぶ。2007年頃より北インド古典音楽の演奏や他ジャンルとのセッション等の活動を続けている。
https://twitter.com/miyanqii
https://www.facebook.com/shuhei.miyaki
posted by Akiko☆sitar at 00:00| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

インド音楽ライブ at 大陸バー 彦六, 6 July 2016

12472280_1614465468877439_8213946145245338003_n.jpg shinsuke_nishizawa.jpg

2016年7月6日(水)19:30 start
北インド古典音楽ライブ at 大陸バー 彦六
トルコ人タブラ奏者 SERHAN BAKI セルハン・バキ 来日公演

出演
西沢信亮(サーランギ)
Serhan Baki(タブラ)

music charge : Donation

会場
大陸バー 彦六
東京都杉並区高円寺北2-22-11-2F
JR中央線・総武線高円寺駅北口より徒歩4分
電話:03-3336-5153
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/index.html
https://www.facebook.com/tairikubarhiko6/


出演者プロフィール
 西沢信亮(サーランギ)
35本以上の共鳴弦を持ち、最も人の声に近い音色を持つとされるインドの弓奏楽器サーランギの演奏家。
2007年、デリーにて巨匠Ustad Sabri Khanの弟子であるMohd.Nasir Khanに師事。
以後、インド古典音楽の演奏を中心に、ソロをはじめ、声楽、舞踊の伴奏などの活動を行う。
2013年、半年にわたりインドに滞在、多くの演奏会に出演し現地の音楽家たちと共演するとともに、デリーのサーランギ奏者の取材活動を行う。
また、きのこ、菌類のフィールドワークも精力的に行っている。

 Serhan Baki(タブラ)
セルハンの音楽との関わりは15歳の時のドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/?fref=ts
posted by Akiko☆sitar at 09:32| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

北インド古典音楽 Basant Bahar お知らせ

いよいよ来週の日曜日4/17が『北インド古典音楽 Basant Bahar』演奏当日となります。
お知らせですが、出演予定だったタブラの久本さんは体調不良の為、演奏することが出来なくなりましたので、急遽ピンチヒッターとして佐野塊くんにお願いすることとなりました。
急な出演者変更となりますが、素敵なコンサートになるように、あと一週間練習に励もうと思います。
みなさまのお越しをお待ちしております!(^^)(^^)(^^)

20160417_BasantBahar_omo.jpg

北インド古典音楽 Basant Bahar

サロード 関口祐一
シタール 国分あきこ
タブラ 佐野塊
special guest 歌 H.アミット.ロイ

2016年4月17日(日)
18:00 open
18:30 start
live charge ¥3,000

会場 音や金時
杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
03-5382-2020
※予約不要です。直接会場にお越しください。
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

*********************************

 関口祐一(サロード)
1988-91年までサンフランシスコでサロード奏者のUstad Ali Akbar Khanに師事。
91-94年までスイスで同師匠のワークショップに参加。
帰国後97年よりシタール奏者のH.Amit Roy氏に師事。

 国分あきこ(シタール)
2000年からシタールを始め、2005年よりシタール奏者Amit Roy氏に師事。
シタールでの音楽表現を追求するとともに、北インド古典声楽のドゥルパド、カヤール、タゴールソングについても勉強中。
http://akikositar.seesaa.net/

 佐野塊(タブラ)
2003 年より中村仁氏、ディネーシュ・チャンドラ氏のもとでタブラを始める。翌年渡印し、コルカタでSwapan Shiv氏に師事。以降渡印を重ねつつ日本では2006年よりU-zhaan氏に師事。各地でインド古典音楽演奏家や舞踏家との共演を重ねる。2011年 よりアミット・ロイ氏に師事し、シタールを始める。

 ーspecial guestー
 H.アミット.ロイ(歌)
1959年、シタール製作者として名高いヒレン・ロイの息子としてカルカッタに生まれる。幼少の頃より父親から音楽を学び、後にサントゥーシュ・ベナルジー師に師事。さらに国際的に活躍したシタールの巨匠、故パンディット・ニキル・ベナルジー師の下研鑽を積んだ。1978年から師の亡くなる1987年まで、師とともに生活しながら学ぶという伝統的な音楽訓練を受ける。名古屋、東京、兵庫、仙台で教室を開催。
http://amit-roy.jimdo.com/
posted by Akiko☆sitar at 12:08| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

北インド古典音楽ライブ Basant Bahar

4月に北インド古典音楽の演奏が決まりました!
素敵なフライヤーデザインをしてくれたのは、沼沢ゆかりさんです。
花を咲かせられるような演奏をしたいと思います〜(^^)♪

20160417_BasantBahar_omo.jpg

北インド古典音楽 Basant Bahar

サロード 関口祐一
シタール 国分あきこ
タブラ 久本政則
special guest 歌 H.アミット.ロイ

2016年4月17日(日)
18:00 open
18:30 start
live charge ¥3,000

会場 音や金時
杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
03-5382-2020
※予約不要です。直接会場にお越しください。
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

*********************************

 関口祐一(サロード)
1988-91年までサンフランシスコでサロード奏者のUstad Ali Akbar Khanに師事。
91-94年までスイスで同師匠のワークショップに参加。
帰国後97年よりシタール奏者のH.Amit Roy氏に師事。

 国分あきこ(シタール)
2000年からシタールを始め、2005年よりシタール奏者Amit Roy氏に師事。
シタールでの音楽表現を追求するとともに、北インド古典声楽のドゥルパド、カヤール、タゴールソングについても勉強中。
http://akikositar.seesaa.net/

 久本政則(タブラ)
1982年よりインド、コルカタにてマニック・ダス氏に師事。
コルカタ留学中から始まるアミット・ロイとの交友が日本にもたらした影響は計り知れず、長年にわたりアミット・ロイの伴奏をつとめている。

 ーspecial guestー
 H.アミット.ロイ(歌)
1959年、シタール製作者として名高いヒレン・ロイの息子としてカルカッタに生まれる。幼少の頃より父親から音楽を学び、後にサントゥーシュ・ベナルジー師に師事。さらに国際的に活躍したシタールの巨匠、故パンディット・ニキル・ベナルジー師の下研鑽を積んだ。1978年から師の亡くなる1987年まで、師とともに生活しながら学ぶという伝統的な音楽訓練を受ける。名古屋、東京、兵庫、仙台で教室を開催。
http://amit-roy.jimdo.com/

20160417_BasantBahar_ura.jpg
posted by Akiko☆sitar at 00:00| 北インド古典音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。