2099年12月31日

★☆★INFORMATION★☆★

51IOwLzSmmL.jpg

Raga & Rock & Sitar CD album 『ONENESS』 by APPLE GEETA now on sale!!!
Released 1st Sep.2016 from Tears Label.
You can buy nationwide CD shop. Indian Rupee is also OK.

◆CDJapan
http://www.cdjapan.co.jp/product/DAKTLCD-160901
◆Amazon.co.jp
https://www.amazon.co.jp/ONENESS-APPLE-GEETA/dp/B01ITDYYVU
◆Tower Records
http://tower.jp/item/4316510/ONENESS

-----------------------------------------
The Song List of "ONENESS"
1.Govinda(Traditional)
2.Evearlasting Love(Apple Geeta,2016)
3.I Belong To You(Apple Geeta,2015)
4.Cleotatra(Isao Tomita,1970)
5.Drive Your Car(Apple Geeta,2015)
6.Across The Universe(Lennon&McCartney,1968)
7.Julia(Apple Geeta,2015)
8.Without You(Apple Geeta,2015)
9.Last Avatara(Apple Geeta,2016)
10.Moola Mantra(Traditional)

♪Listen here↓
http://musictown2000.sub.jp/applegeeta/discography.html

♪♪♪Live information 2017♪♪♪

9/23(土)アップル・ギーター@万象房(町田)

10/21(土)北インド古典音楽@タナカホンヤ(台東区池之端)

11/4(土)アップル・ギーター@万象房(町田)

11/19(日)インド音楽・シタール教室発表会@万象房(町田)

12/9(土)アップル・ギーター@万象房(町田)

12/16(土)北インド古典音楽@音や金時(西荻窪)

♪♪♪Live information 2018♪♪♪

1/13(土)北インド古典音楽@万象房(町田)
posted by Akiko☆sitar at 00:00| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

日曜の夜は「山々の音楽会 パリワール 第一夜」ですよ!

次の日曜日は、伊勢原にあるネパールレストラン カトマンズバールでちょこっとだけ歌をうたうことになりました。
私はいつものシタールではなく、タンプーラ片手に参加させていただきます。
インド音楽が初めての方にも、インド音楽を少し紹介できたら良いなーと思っています。

や、しかし練習してて思うのは、ラーガをすぐに変更したい時でもシタールほどチューニングが大変ではないということ。。。(^^;)
私の弾いているシタールは全部で20弦。そのうち共鳴弦が13弦。
ひとつのラーガを演奏すると決めたら何時間も、いや何日も、何か月も練習したい。
チューニングを変えてすぐには安定しないし、気候や温度によっても狂いやすい。かと言って、どこぞやのスーパーギタリストみたいにそれぞれチューニングしておいたシタールを何本も準備して置く場所もなし。
なんという解放感だ!と思いながら歌の練習をしています♪

当日はジャズ、南米音楽、クラッシック、沖縄民謡を演奏する【musica das montanhas】、ネパール音楽ユニット【バンチャ・パリワール】の出演で、一夜で盛沢山楽しめるライブになりそうです〜!
みなさま、ぜひお越しを♪

------------------------------------------
「山々の音楽会 パリワール 第一夜」
2016年11月6日(日)
open18:30 start19:00
おひねり制
お食事、お飲物を御注文ください

カトマンズバールにてライブを重ねてきたmusica das montanhas(山々の音楽)が、素敵な音楽仲間を招いての音楽会「パリワール」を開きます。ネパール語で家族という意味。カトマンズバールのラマさんが、「ライブの後はみんなが家族みたいだ」と嬉しそうに呟かれたのがきっかけ。
記念すべき第一夜は、ネパール音楽の「バンチャ・パリワール」さんをお招き(こちらも家族♪)、インド音楽の「国分あきこ」もゲスト参加します。
美味しいネパール料理を頂きながら、音楽の旅をお楽しみください♪

カトマンズバール(KATHMANDUBAR)
PEACE HIMALAYA RESTAURANT
神奈川県伊勢原市伊勢原2丁目2-21 2F
伊勢原駅北口より徒歩2分。伊勢原駅北口の鳥居をくぐって歩いてください。
TEL:070-6970-8449
http://www.peace-himalaya.com

カトマンズバール blog
http://www.peace-himalaya.com/blog/2016/10/-201610135012pdf-open.php

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/129500847513409/

1470396_750525281628332_1274879983_n.jpg
posted by Akiko☆sitar at 23:15| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

山々の音楽会 パリワール 第一夜

伊勢原駅近のネパールレストラン カトマンズバールに於いて行われるライブイベント「山々の音楽会 パリワール 第一夜」にゲスト出演させていただきます!
うたのお姉さんスズキミカコさん率いる【musica das montanhas】に、ネパール音楽ユニット【バンチャ・パリワール】、そして私は今回タンプーラとうたで参加します。

2016年11月6日(日)
open18:30 start19:00
おひねり制
お食事、お飲物を御注文ください

カトマンズバールにてライブを重ねてきたmusica das montanhas(山々の音楽)が、素敵な音楽仲間を招いての音楽会「パリワール」を開きます。ネパール語で家族という意味。カトマンズバールのラマさんが、「ライブの後はみんなが家族みたいだ」と嬉しそうに呟かれたのがきっかけ。
記念すべき第一夜は、ネパール音楽の「バンチャ・パリワール」さんをお招き(こちらも家族♪)、インド音楽の「国分あきこ」もゲスト参加します。
美味しいネパール料理を頂きながら、音楽の旅をお楽しみください♪

カトマンズバール(KATHMANDUBAR)
PEACE HIMALAYA RESTAURANT
神奈川県伊勢原市伊勢原2丁目2-21 2F
伊勢原駅北口より徒歩2分。伊勢原駅北口の鳥居をくぐって歩いてください。
TEL:070-6970-8449
http://www.peace-himalaya.com

カトマンズバール blog
http://www.peace-himalaya.com/blog/2016/10/-201610135012pdf-open.php

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/129500847513409/

14591800_1091304737618150_7044516080758744548_n.jpg
【musica das montanhas】
ポルトガル語で「山々の音楽」という意味。ジャズ、南米音楽、クラッシック、沖縄民謡と、様々に音楽を愛するメンバーたちが出会い、奏でるユニット。
「やまやま農園」で羊と暮らすスズキミカコの唄声と、ギターの秋山映一、ウッドベースの大竹弘行の美しい弦の音色のハーモニー。
月日を重ねて、生まれ出た、山々の息吹いっぱいのオリジナル曲を演奏します。

14572851_1091307640951193_6066979795425945049_n.jpg
【バンチャ・パリワール】
 バンチャ・パリワールはネパールでサーランギ、マーダルなどのネパール民俗楽器をサーランギの第一人者 Bharat Nepali師匠から学んだ仲間が集まってできたグループ。
 今回は町田市在住のカウリーとノルブの2名が演奏します。サーランギは4弦の弦楽器で弓で弾きます。マーダルは両面太鼓で手で敲きます。仕事で滞在したネパールから帰国してもうすぐ10年。ネパールの民謡と民俗楽器を響きを楽しみながら ビスターリ(ゆっくり)音楽を続けています。
posted by Akiko☆sitar at 00:00| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

ライブ2連チャン!!

今月末はライブ2連チャン!!
10/29(土)はAsian Music LIVE Special!「さわりの夜 vol.3」
さわり楽器の音色を楽しむイベントです。
津軽三味線の高崎将充さん、虚無僧尺八と倍音喉歌の青山雅明さん、そしてシタール国分あきこが出演します。

その前日10/28(金)は「sitar night #5」に妙音天として出演します。
三軒茶屋のorbitで各月開催されるシタール伊藤礼くんのイベントです。
妙音天は青山雅明(ギター、ホーメイ)、ナカムラユウコ(筑前琵琶)、国分あきこ(シタール)、喜名風人(タブラ)のメンバーで妙なる音を奏でます。


14445681_1769447040011733_1799184063_n.jpg 14429535_1769447076678396_359019075_n.jpg

Asian Music LIVE Special!「さわりの夜 vol.3」

倍音成分を増やして音色に味を付け、響きを延ばす「さわり」音。
「ビーン」と音が震える余韻が特徴で、一種のノイズサウンドだが、「さわり」楽器には欠かせないものである。
津軽三味線、虚無僧尺八、シタールの音色を味わう「さわりの夜」演奏会です。

2016年10月29日(土)
18:30開場 19:00開演
¥2500(ドリンク付き)

♪高崎将充(津軽三味線)
♪青山雅明(倍音喉歌、虚無僧尺八)
♪国分あきこ(シタール、声)

会場:万象房 BANSHOW-BOH
東京都町田市森野1-34-18-5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh

 *万象房へのアクセス*
小田急線「町田駅」の北口から徒歩3分。
(JR「町田駅」からは小田急線「町田駅」北口を目指して下さい。)
右にローソン、左にファミリーマートを見ながら100メートルほど歩くと、5差路の左角にレンガ色の建物でホテル町田ヴィラがあり、右斜めに1階がヤクルトの販売所、2階に極真カラテの看板が出ているビルの5階です。


出演者プロフィール
 高崎将充(津軽三味線)
民謡一家に生まれ、3歳より祖父から民謡・太鼓を習い始める。
10歳より、津軽三味線プロ奏者で佐藤流家元である故・佐藤俊彦師に8年間師事し、様々な舞台を踏みながら津軽三味線を学ぶ。
1999年津軽三味線全国大会(現・津軽三味線世界大会)ジュニアチャンピオン。
ニューヨーク・カーネギーホールやシドニー・オペラハウス等での海外演奏経験を持つ。
現在、津軽三味線奏者、民謡伴奏者として演奏活動を行いつつ、津軽三味線や民謡の指導、講演等を行い、伝統芸能の継承活動に努める。
http://masamitsutakasaki.wixsite.com/masamitsutakasaki/biography
https://www.facebook.com/masamitsu.takasaki

 青山雅明(倍音喉歌、虚無僧尺八)
倍音楽家、虚無僧尺八(法竹)奏者
2004年10月に倍音Sを脱退後、様々なユニットを経てSOLO活動を開始。2008年岡山守治と倍音デュオ神響王(カムヒビキング)結成
現在は日本の言葉と喉歌を中心とした神楽的な弾き語りや竹の節を抜いただけの自然音豊かな虚無僧尺八の吹禅を中心に活動中
http://ameblo.jp/aoyama-masaaki/
https://www.facebook.com/aoyamamasaaki?fref=ts

 国分あきこ(シタール、声)
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhurupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/
https://www.facebook.com/akiko.kokubu


CgzX64aUYAA-U2M.jpg

伊藤礼のsitar night #5 + 妙音天

2016/10/28(金)
"sitar night vol.5"
open 19:00-22:00
Charge FREE+DONATION (1st Drink \1000)

【LIVE】
 ♪伊藤礼(シタール) + 喜名風人(タブラ)

 ♪妙音天
青山雅明(ギター、ホーメイ、尺八、口琴)
ナカムラユウコ(筑前琵琶、歌)
国分あきこ(シタール、歌)
喜名風人(タブラ)

【massage】
nao

@ space orbit
東京都世田谷区太子堂5-28-9 B1
03-3411-3810
http://bar-orbit.com/

space orbitは茶沢通り沿い、ちょうど淡島通りから少し三軒茶屋側に入ったところにあります。
三軒茶屋の駅からくる際には、茶沢通りを下北沢方面へずっと真直ぐに進み、
右手に太子堂薬局のある信号をこえてクリーニング屋さんとタバコ屋さんの間のビルの
「すしひふみ」というお寿司屋さんがあるビルの地下がspace orbitです。

多少距離がありますが、下北沢からくる場合は、
茶沢通り沿いを真直ぐに歩きしばらく進むと淡島通りにぶつかります。
代沢十字路の角にサミットがあるので目印になると思います。
そこからおよそ200メートル進むと右手にspace orbitのあるレンガタイルのビルが見つかります。


妙なる音楽を奏でる倍音バンド「妙音天」
それぞれソロ活動を行うメンバーで構成されています。
日本民謡からオリジナル曲まで、不思議な音色を響かせます。
★青山雅明(ギター、ホーメイ、尺八、口琴)
★ナカムラユウコ(筑前琵琶、歌)
★国分あきこ(シタール、歌)
★喜名風人(タブラ)
古(inishie)の倍音が波打ち、うねり、音と音が重なり合い、共鳴し、そして静けさがやって来る。シタール、琵琶、ホーメイ、タブラ、声という波動で、それぞれの古典からオリジナル曲で楽しむことといたしましょう。過去と現在、静と動、有と無、時間と空間を行ったり来たりしながら、音・ことば・人間を体感してください。野生の生音が鼓膜からあなたの魂に侵入します!
posted by Akiko☆sitar at 13:18| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

Asian Music LIVE Special!「さわりの夜 vol.3」

14445681_1769447040011733_1799184063_n.jpg

Asian Music LIVE Special!「さわりの夜 vol.3」

倍音成分を増やして音色に味を付け、響きを延ばす「さわり」音。
「ビーン」と音が震える余韻が特徴で、一種のノイズサウンドだが、「さわり」楽器には欠かせないものである。
津軽三味線、虚無僧尺八、シタールの音色を味わう「さわりの夜」演奏会です。

2016年10月29日(土)
18:30開場 19:00開演
¥2500(1ドリンク付)

♪高崎将充(津軽三味線)
♪青山雅明(倍音喉歌、虚無僧尺八)
♪国分あきこ(シタール、声)

会場:万象房 BANSHOW-BOH
東京都町田市森野1-34-18-5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh

 *万象房へのアクセス*
小田急線「町田駅」の北口から徒歩2分。
(JR「町田駅」からは小田急線「町田駅」北口を目指して下さい。)
右にローソン、左にファミリーマートを見ながら100メートルほど歩くと、5差路の左角にレンガ色の建物でホテル町田ヴィラがあり、右斜めに1階がヤクルトの販売所、2階に極真カラテの看板が出ているビルの5階です。


出演者プロフィール
 高崎将充(津軽三味線)
民謡一家に生まれ、3歳より祖父から民謡・太鼓を習い始める。
10歳より、津軽三味線プロ奏者で佐藤流家元である故・佐藤俊彦師に8年間師事し、様々な舞台を踏みながら津軽三味線を学ぶ。
1999年津軽三味線全国大会(現・津軽三味線世界大会)ジュニアチャンピオン。
ニューヨーク・カーネギーホールやシドニー・オペラハウス等での海外演奏経験を持つ。
現在、津軽三味線奏者、民謡伴奏者として演奏活動を行いつつ、津軽三味線や民謡の指導、講演等を行い、伝統芸能の継承活動に努める。
http://masamitsutakasaki.wixsite.com/masamitsutakasaki/biography
https://www.facebook.com/masamitsu.takasaki

 青山雅明(倍音喉歌、虚無僧尺八)
倍音楽家、虚無僧尺八(法竹)奏者
2004年10月に倍音Sを脱退後、様々なユニットを経てSOLO活動を開始。2008年岡山守治と倍音デュオ神響王(カムヒビキング)結成
現在は日本の言葉と喉歌を中心とした神楽的な弾き語りや竹の節を抜いただけの自然音豊かな虚無僧尺八の吹禅を中心に活動中
http://ameblo.jp/aoyama-masaaki/
https://www.facebook.com/aoyamamasaaki?fref=ts

 国分あきこ(シタール、声)
音楽との関わりは幼少の頃より始まる。12歳の時パーカッションとドラムを始め、15歳の時にアコースティック&エレキ・ギターを手に、様々なバンド活動を経験。
2000年にシタールと出会い、北インド古典音楽の美しさに目覚める。
2005年から現在までシタール奏者H.Amit Roy指導の下、インド音楽の修行を続けている。
2010年からはインド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(Dhurupad、Khyal)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、ロックバンド、倍音ユニットなどでシタール弾き歌い活動中。
http://akikositar.seesaa.net/
https://www.facebook.com/akiko.kokubu

14429535_1769447076678396_359019075_n.jpg
posted by Akiko☆sitar at 00:00| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

金曜バーナイトセッション「タブラの夜、再び」9 Sep. 2016

7月の始めに伊勢原のカトマンズバールさんで開催した「タブラの夜」は大盛況により終わりました。
9月9日に再びセルハン・バキのタブラが活躍するhigh quarity jazzセッションが決定‼︎
セルハンのタブラの音色はなんとも自由で美しく、奥深い世界。
今回は町田の万象房にて、ギター秋山さんとスズキミカコさんの歌による共演です。
ご予約不要&ミュージックチャージおひねり制です。どうぞお気軽にお訪ねください♪

13876350_1034722939942997_2355174153853198331_n.jpg

2016年9月9日 金曜バーナイトセッション「タブラの夜、再び」
open 19:00 start 19:30
music charge : donation(おひねり)

セルハン・バキ Serhan Baki (tabla)
秋山映一 eiichi akiyama(guiter)
スズキミカコ mikako suzuki(vocal)

会場:万象房(BANSHOW-BOH)
東京都町田市森野1-34-18-5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/
https://www.facebook.com/banshowboh?pnref=lhc

 *万象房へのアクセス*
小田急線「町田駅」の北口から徒歩2分。
(JR「町田駅」からは小田急線「町田駅」北口を目指して下さい。)
右にローソン、左にファミリーマートを見ながら100メートルほど歩くと、5差路の左角にレンガ色の建物でホテル町田ヴィラがあり、右斜めに1階がヤクルトの販売所、2階に極真カラテの看板が出ているビルの5階です。


出演者プロフィール
 Serhan Baki(tabla)
セルハンの音楽との関わりは15のときのドラムから始まる。それから10年間イスタンブールで様々なバンドと演奏活動を続けていた。2008年に初めてインドを訪れ、タブラ演奏をPt.Kuber Nath Mishraに師事する。翌年ベナレスヒンドゥー大学でタブラを学びながら、様々な打楽器の演奏で、フュージョン及び中東音楽のアルバムで録音に参加、リリース。
2010年から定期的にコルカタで生きる伝説のタブラ奏者Pt. Anindo Chatterjee指導の下、タブラ修行の旅を続けている。
https://www.facebook.com/serhanbakitabla/
13895566_1034738203274804_4431413463050942531_n.jpg

 秋山映一(ギター)
1966年丙午、兵庫県加古川生まれ
6才まで京都府向日町、以後神奈川県内在住
小学校〜中学校ではTrp
高校ではTuba
中学生になってフォークギターを始める。
高校生になってジャズに夢中になる。
大学生になって中南米音楽に夢中になる。
でもずっとクラシック音楽も大好きです。
1986年〜廣木光一氏にギターを師事
1990年頃から都内、神奈川県内で演奏活動「Akiyama4」「平川バンド」
2001年〜藤沢本町クラジャのハウスバンド「渡辺久仁子バンド」に参加
2001年〜2010年、ジョージ・シアリング・スタイルのコンボ、小柳バンド(小柳浩vib、西田寛sax、秋山映一g、木下透b、尾川太郎d)に所属
2005年〜ブラジル音楽ユニット「Vidreiro」結成(はな&Eiichi)
2011年〜オリジナル曲を中心にジャズとフォルクローレのフューズの可能性をアコースティック且つミニマムな編成で探る「Ballads」(岩佐尚美vo&bombo・大竹弘行acb・秋山映一acg)、スタート!
2012年〜muraban!!! the Modern Jazz Classicsに参加。
2012年、Balladsから1st Album CD "Travesía"(自主制作)発表!
2014年、Balladsから2nd Album CD "Voice"(自主制作)発表!
http://eiichi-guitarist.jimdo.com/
13220815_992227437525881_7965869985985507831_n.jpg

 スズキミカコ(うた)
音楽好きな両親の影響で幼い頃から歌や音楽に親しみ、高校では軽音楽部に入りバンド活動に没頭していた。
また自然が好きで、農業短大でアウトドアサークルに入ったのをきっかけに登山や素潜りの旅に明け暮れる。
2001年より旅で得た体験や想いを綴ったオリジナル楽曲をもとにライブ活動を開始、その後ジャズやブラジル音楽へ傾倒し、都内レストランやバーでの演奏へと活動の幅を広げて行った。
2008年に畑を始めるため秦野に移り住み、現在は羊を飼いながら農業を営みつつ音楽活動を続けている。
https://www.facebook.com/mikako.suzuki.12
13782108_1034727396609218_2586177774922286686_n.jpg
posted by Akiko☆sitar at 00:00| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

ライブ『さわりの夜 vol.2』,4 June 2016

live20160604 (1).jpg

倍音成分を増やして音色に味を付け、響きを延ばす「さわり」音。
「ビーン」と弦が震える余韻が特徴で、一種のノイズサウンドだが、「さわり」楽器には欠かせないものである。
さわり楽器:筑前琵琶、シタール、タブラと、さわりのない楽器:三線の違いを感じて頂く「さわりの夜」演奏会です。

2016年6月4日(土)
18:30開場 19:00開演
¥おひねり(ドリンク&フード別)

出演:ナカムラユウコ(筑前琵琶)
   電気ブランコ(Wネック三線、他)
   国分あきこ(シタール)
   喜名風人(タブラ)

会場:万象房 BANSHOW-BOH
東京都町田市森野1-34-18-5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh

 *万象房へのアクセス*
小田急線「町田駅」の北口から徒歩2分。
(JR「町田駅」からは小田急線「町田駅」北口を目指して下さい。)
右にローソン、左にファミリーマートを見ながら100メートルほど歩くと、5差路の左角にレンガ色の建物でホテル町田ヴィラがあり、右斜めに1階がヤクルトの販売所、2階に極真カラテの看板が出ているビルの5階です。


出演者プロフィール
 ナカムラユウコ(筑前琵琶)
筑前琵琶弾き。
2009年より琵琶を始める。
現在は古典、現代音楽の他、創作琵琶語りも手掛ける。
また、朗読劇や舞踏、アジアの楽器との共演にも取り組んでいる。
筑前琵琶奏者の田原順子氏に師事。
https://www.facebook.com/yuko.nakamura.12532

 電気ブランコ(Wネック三線、他)
音と映像を中心として活動するアーティスト。
たいしゅんのソロ活動時もこの名前でライブを行っている。
(2014年より)
20代最後の年に作った谷川俊太郎著「わらべうた」全詩に曲をつけたデモテープをきっかけにライブ活動を本格開始。
1997年、四谷コタンにて初ライブ。
当初はギターの弾き語りスタイルであったが、独自のソロライブを追求するうち三線、カリンバ、マンドリン、shruti box、iPhoneアプリなどを駆使した独自の世界を作ってきた。
2002年、BOX東中野で上映されたオムニバス映画『zero plus2』に参加した菅野彰宏監督作品「ウーララ」で音楽を担当。予告編でも使われた。
2003年、奄美大島10日間滞在し、奄美のシマ唄を学んでいく事を決意。
2009年、MAZDA Zoom-Zoomスタジアムこけら落としの「新球場ようこそ大会」に参加。憧れであった野球場ライブを体感する。
パントマイマー・いちょうとのコラボも多く、
2010年、画家・石塚ツナヒロ氏個展イベント「ゆるむお茶会」@馬喰町ART+EATで音楽担当。
2012年、「さくっとパントマイム」@早稲田パフスペースでは役者として参加。
2014年、鈴木秀城・いちょうユニット「man-to-man」@代田橋CHUBBYでは
稽古時から参加し音楽を作った。
2015年、喜界島・塩道で行われた「しゅみち長浜節世界大会」に出場。
現在、初の公式音源の制作に向かい準備中である。
http://unagikikaku.jimdo.com/
https://www.facebook.com/y.taisyung.uwagawa

 国分あきこ(シタール)
2000年よりシタールを始める。シタール奏者H.Amit Royに師事。
北インド古典音楽の他にも、アコースティック・ロック・バンド「APPLE GEETA」、野生の声で歌う不思議バンド「妙音天」などでシタール弾き歌い活動中。
「万象房」にてシタール教室開講中。
http://akikositar.seesaa.net/
https://www.facebook.com/akiko.kokubu

 喜名風人(タブラ)
パーカッショニスト、ドラマーを経て2010年よりタブラをディネーシュ・チャンドラ氏より師事。クラブミュージックに影響を受けたビートを、ジャムセッションで即興的に創り上げるスタイルを得意とする。
https://www.facebook.com/kazato.kina

live20160604ura (1).jpg
posted by Akiko☆sitar at 00:00| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

『Ananta Gita 北インド古典音楽ライブ』

今朝はパワーストーンをプレゼントされるという夢で目覚めました。その後にすぐ地震が起こり、私自身も揺さぶられました。いつ何が起こるかわからない、ここ一週間の間にも自然災害のニュースが相次いでいますが、みなさまお変わりありませんでしょうか?

この一週間は久しぶりに私の身体に起こったギックリ腰によりシタールも練習できず、いつかシタールが弾けなくなる日が来るんじゃないか?と不安になったりしていましたが、今は徐々に快方に向かってきています。いや本当に何をするにも健康第一ですね。五体満足で健康である限り全てのものに感謝しつつ、音楽は続けて行きたいと思います。

今年は何かと体調を崩しやすいのですが、二ヶ月後には回復していることを願いつつ、ライブのお知らせです。
4月に共演させていただいたサロードの関口祐一さんと、タブラには佐藤哲也さんをお迎えしての、北インド古典音楽の演奏会です。じっくり、たっぷり聴いていただく予定です♪
終わりが始まり・・・始まりが終わり・・・

IMG_20150912_0002.jpg

『Ananta Gita 北インド古典音楽ライブ』

2015年11月7日(土)
18:30 open / 19:00 start
2,500円(1ドリンク付)

出演:
関口祐一(サロード)
国分あきこ(シタール)
佐藤哲也(タブラ)

会場:BANSHOW-BOH
東京都町田市森野1-34-18-5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/

 *万象房へのアクセス*
小田急線「町田駅」の北口から徒歩2分。
(JR「町田駅」からは小田急線「町田駅」北口を目指して下さい。)
右にローソン、左にファミリーマートを見ながら100メートルほど歩くと、5差路の左角にレンガ色の建物でホテル町田ヴィラがあり、右斜めに1階がヤクルトの販売所、2階に極真カラテの看板が出ているビルの5階です。

出演者プロフィール:
 サロード/関口 祐一
1988-91年までサンフランシスコでサロード奏者のUstad Ali Akbar Khanに師事。
91-94年までスイスで同師匠のワークショップに参加。
帰国後97年よりシタール奏者のH.Amit Roy氏に師事。

 シタール/国分 あきこ
2000年からシタールを始める。
2005年よりシタール奏者アミット・ロイ氏に師事。
北インド古典声楽(ドゥルパド、カヤール)、タゴールソングについても勉強中。
http://akikositar.seesaa.net

 タブラ/佐藤 哲也
インド、バラナシのイシュワル・ラル・ミシュラ氏にタブラを師事。
その後ラクノウ・バートカンデ音楽大学を卒業。声楽とタブラを専攻。
現在に至る。
http://blogs.yahoo.co.jp/tablatrang

IMG_20150912_0003.jpg
posted by Akiko☆sitar at 17:05| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

「さわり&ジャワリの夜」演奏会終了★

DSCN3199.JPG

「さわり」とは何ぞや?「ジャワリ」とは?
みなさまの疑問を解決すべく?集結した4人衆。少々アカデミックな内容も交えつつ、音色を味わい、楽しくマニアックな一夜となりました(^^)

DSCN3171.JPG
トップバッターは私こと国分あきこでしたが、ジャワリの説明に思いのほかしゃべり過ぎてしまい、演奏時間が短くなってしまいました。が、じっくりシタール演奏を聴きたいという方は次回、8/8(土)インド音楽ライブ at 万象房にお越しくださいませ♪

IMG_0684.JPG
筑前琵琶のナカムラユウコさん。お見かけする度に表現力がアップしているような気がします。今宵は怖くない方の?猫のお話やら。

IMG_0686.JPG
ダブルネック三線の電気ブランコさん。もともと三線にはさわりがついていませんが、ダブルネックにすることでさわり機能があることに驚き!楽しいオリジナル曲やら、iTanpuraの余韻やら。

IMG_0696.JPG
津軽三味線の高崎将充さん。三味線の歴史や、東さわりについてのお話も、ふむふむとみなさん真剣に聞いていらっしゃいました。津軽じょんがら節を聴かずして帰れない夜!

最後には「さわり楽器」4人で楽しくセッション!リハーサルよりも本番が一番良い演奏が出来ました〜(^^)v
ライブ終了後に「もう一度見たい!」と仰ってくださった方もおられ、満足していただけたようで何よりです。
いつになるかわからないけど、第2弾も企画できたら良いなーと思っています。お集りいただいた方々ありがとうございました♪

最後におまけの変顔写真↓
DSCN3206.JPG
posted by Akiko☆sitar at 12:05| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

「さわり&ジャワリの夜」演奏会

11130561_1564880973801675_293070368_n.jpg

倍音成分を増やして音色に味を付け、響きを延ばす「さわり」音。
「ビーン」と弦が震える余韻が特徴で、一種のノイズサウンドだが、「さわり」楽器には欠かせないものである。
さわり楽器:津軽三味線、筑前琵琶、シタールと、さわりのない楽器:三線の違いを感じてもらう「さわりの夜」演奏会。

2015年6月6日(土)
18:30開場 19:00開演
¥投げ銭(ドリンク&フード別)

出演:高崎将充(津軽三味線)
   ナカムラユウコ(筑前琵琶)
   電気ブランコ(Wネック三線、他)
   国分あきこ(シタール)

会場:BANSHOW-BOH
東京都町田市森野1-34-18-5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh

 *万象房へのアクセス*
小田急線「町田駅」の北口から徒歩2分。
(JR「町田駅」からは小田急線「町田駅」北口を目指して下さい。)
右にローソン、左にファミリーマートを見ながら100メートルほど歩くと、5差路の左角にレンガ色の建物でホテル町田ヴィラがあり、右斜めに1階がヤクルトの販売所、2階に極真カラテの看板が出ているビルの5階です。

11139521_1564880947135011_1199908229_n.jpg

〜出演者プロフィール〜

 高崎将充(津軽三味線)
民謡一家に生まれ、10歳より、津軽三味線プロ奏者で佐藤流家元である故・佐藤俊彦師に8年間師事し、様々な舞台を踏みながら津軽三味線を学ぶ。1999年津軽三味線全国大会(現・津軽三味線世界大会)ジュニアチャンピオン。ニューヨーク・カーネギーホールやシドニー・オペラハウス等での海外演奏経験を持つ。
現在、イベント出演や学校・老人ホームでの訪問演奏等、奏者として活動を行いつつ、津軽三味線の指導も行う。
Official website: http://masamitsutakasaki.wix.com/masamitsutakasaki
Facebook page: https://www.facebook.com/masamitsutakasaki.official
Twitter: https://twitter.com/MasamitsuT

 ナカムラユウコ(筑前琵琶)
筑前琵琶弾き。
2009年より琵琶を始める。
現在は古典、現代音楽の他、創作琵琶語りも手掛ける。
また、朗読劇や舞踏、アジアの楽器との共演にも取り組んでいる。
筑前琵琶奏者の田原順子氏に師事。

 電気ブランコ(Wネック三線、他)
オリエンタルフォークシンガー、たいしゅんの2014年末からの新活動名。映像と音楽を融合させた独自の世界を目指す。使用している楽器のひとつであるWネック三線は、二つの竿に張られた弦が共鳴しあい従来の三線には出ない響きがする。

 国分あきこ(シタール)
シタール奏者。
2000年よりシタールを始める。
現在は、シタール奏者アミット・ロイ氏に師事。
北インド古典音楽演奏の他、オリジナル曲作りも行い、アコースティック・ロック・デュオ「Apple Geeta」などでシタールを弾き歌い活動中。
「万象房」にて毎月第2日曜日シタール教室開講中。
blog:http://akikositar.seesaa.net/
facebook:https://www.facebook.com/akiko.kokubu
twitter:https://twitter.com/akikositar
posted by Akiko☆sitar at 20:40| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

春!北インド古典音楽LIVE ∞

20110914_2146334.jpg 1418914481_b.jpg Kenji-sakasegawa.jpg

2015年4月4日(土)
18:30開場 19:30開演
MUSIC CHARGE ¥2,700


サロード 関口祐一
シタール 国分あきこ
タブラ 逆瀬川健治


  演奏者プロフィール

 関口祐一 Yuichi Sekiguchi
88年〜91年米西海岸のアリアクバル・カレッジ・オブ・ミュージックでサロード奏法をUstad Ali Akbar Khanに師事。Ustad Ali Akbar Khanの弟子ーインド音楽の至宝Pt. Nikhil Banerjeeの生涯で唯一の内弟子であるアミット・ロイ氏に97年から現在にいたるまで師事。スイス、ヨーロッパでの演奏生活を経て、現在は日本全国各地で演奏活動を行っている。

 国分あきこ Akiko Kokubu
2000年からシタールを始め、インド音楽の美しさを体感する。
2005年からシタール奏者アミット・ロイ氏に師事。
2009年アンビエント系オリジナル・インストゥルメンタルCD『puraana of Sitar』発表。
2010年インド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(ドゥルパド、カヤール)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、アコースティック・ロック・デュオ「Apple Geeta」、倍音ユニット「妙音天」などでシタールを弾き歌い活動中。
blog:http://akikositar.seesaa.net/

 逆瀬川健治 Kenji Sakasegawa
1978年より85年まで、インドのカルカッタでタブラの巨匠、パンディット・マハプルシュ・ミシュラ氏に師事。
1981年帰国後、タブラ奏者として、北インド古典音楽をはじめ、いろいろなジャンルの音楽家、舞踏家、アーティストとの共演を続行中。音楽大学など教育機関でのレクチャー、タブラクラスでは後進の指導も行う。
2001年 初めてのリーダーアルバム「にぎみたま」を発表。
東京在住。
http://homepage2.nifty.com/souhadou/index/Home.html


会場:音や金時
杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
西荻窪駅北口より徒歩3分
TEL: 03-5382-2020
posted by Akiko☆sitar at 00:50| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

LIVE ラーガ&ターラ冬の夜のインド音楽

今年も女子力を発揮して!?はりきってシタール演奏します♪
昨年山形でご一緒したシタール姉さんこと沼沢ゆかりさんと、2月に北インド古典音楽を奏でます。
タブラはマルチ・パーカッショニストの立岩潤三さん。
日本の冬は寒いけれど、音楽でみなさんの心を温かくしたいです〜

10841350_849226035098317_1466654906_n.jpg

『ラーガ&ターラ冬の夜のインド音楽 〜シタール、タブラの調べ〜』

2015年2月7日(土)
18:30 open / 19:00 start
2,500円(1ドリンク付)

出演:
沼沢ゆかり(シタール)
国分あきこ(シタール)
立岩潤三(タブラ)

会場:
町田 万象房
東京都町田市森野1-34-18-5F
小田急線町田駅北口徒歩3分
TEL042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/

出演者プロフィール:
国分あきこ(シタール)
The BeatlesのGeorge Harrison、Led ZeppelinのJimmy Pageなどロック・ミュージシャンの影響を受け、以前から興味のあったシタールを2000年から始める。
シタールを続けるうちに北インド古典音楽の美しさに触れ、2005年からシタール奏者アミット・ロイ氏に師事。
2009年アンビエント系オリジナル・インストゥルメンタルCD『puraana of Sitar』発表。
2010年インド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(ドゥルパド、カヤール)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、アコースティック・ロック・デュオ「Apple Geeta」、倍音ユニット「妙音天」などでシタールを弾き歌い活動中。
毎月第2日曜日は町田・万象房にてシタール・インド音楽教室を開講中。
blog:http://akikositar.seesaa.net/

沼沢ゆかり(シタール)
インド旅行中にベナレスで生のシタールとタブラの音色に出会いインド音楽に惹かれる。
日本在住ネパール人奏者スシュマ・オマタ氏に北インド古典音楽を習い始め、2001年よりインド人奏者アミット・ロイ氏のもとで学ぶ。
ギャラリーやカフェ、ライブハウスなどで演奏している。
また、イラストレーターとして旅や音楽、動物や花などをテーマにした作品を水彩画で制作。
書籍などの挿し絵を描く仕事や、インドの民族楽器やアジアン・エスニックをテーマにしたイラスト作品展も開催している。
東京都西東京市在住。
blog:http://sarasane.exblog.jp

立岩潤三(タブラ)
ドラムを坂田稔に、ダルブカをSusu Pampanin(S.F./USA)/Serdar BAGTIR(Istanbul/Turkey)に、タブラ・バヤを吉見征樹/Prafulla Athalye(Munbai/India)に師事。
Glen Velez(N.Y./USA)からフレ−ムドラムのプライベ−トレッスンを受ける。
ロック/ポップス/ジャズにとどまらず、インド/アラブ/イラン古典音楽、各種ダンスやライブペイントとのコラボレ−ション等幅広く活動中。
日本のみに留まらずU.S.A.やヨ−ロッパ各国、U.K、トルコ、台湾、香港、韓国等でもボ−ダ−レスな演奏活動を展開中。
Makyoというユニットではポルトガル最大規模の野外フェスティバル“Boom Festival 2010”でのトリの演奏をつとめる。
共演者にKarsh Kale、NIYAZ、武久源造、朝崎郁恵、菊池成孔ほか、iOSAppsの音楽制作なども行う。
HP:http://tateiwajunzo.wix.com/tateiwajunzo
posted by Akiko☆sitar at 11:12| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

ライブ!『METROPOLIS VOYNICH』at カールモール(新宿)

main.jpg

来週の11月24日夜、新宿のカールモールさんでシタール演奏させていただくことになりました!

対バンはなんだか面白そうな方達ばかりで、瓶をたたくパフォーマンスのオビンドンさん、ホーメイ、口琴、イギル奏者の尾引浩志さん、アラブ古典音楽のタマーテム&ヒヤールさんです。

私はシタールソロ演奏の予定で、持ち時間いっぱいじっくり聴かせるつもり。
お時間ご都合つく方はぜひお越し下さい!

******************************

『METROPOLIS VOYNICH』 2014.11.24(祝・月)
OPEN 19:00 / START 19:30 MUSIC CHARGE 2,000円


 出演者(予定時刻)
◎オビンドン(19:30〜20:00)
◎尾引浩志(20:10〜20:40)
◎タマーテム&ヒヤール(20:50〜21:20)
◎国分あきこ(21:30〜22:00)


 出演者プロフィール
◎オビンドン
オーストラリアの路上にて無一文から瓶を叩くパフォーマンスで日銭を稼ぎ日本に渡航した。命を救ってくれた瓶という楽器に水と魂を注ぎ演奏する。

◎尾引浩志
ホーメイ、口琴、イギル奏者。トゥバ共和国や日本でのホーメイコンテストでは、グループ・ソロ部門で数々の賞を受賞している。日本を代表する倍音ミュージシャンである。
https://www.youtube.com/watch?v=pNcBtDtvbOw

◎タマーテム&ヒヤール
2014年、エジプトのカイロにて結成されたバイオリンとダラブッカによる女性二人組ユニット。アラブ古典音楽を中心に演奏する。
https://www.youtube.com/watch?v=EDKe2t2gFBQ

◎国分あきこ
女性シタール奏者。ヒンドゥスターニー音楽(北インド古典音楽)を演奏する。季節感や時間帯を感じながら想像力を使って即興演奏を展開していく。
blog:http://akikositar.seesaa.net/


会場
ライブカフェ・カールモール
新宿区新宿1-34-13(貝塚ビル1F)
旧新宿厚生年金会館前のビルです
TEL : 03 3352 9808
http://karlmohl.net/indexpc.html
posted by Akiko☆sitar at 20:45| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

アップル・ギーター/きよ里 ジョイントコンサート2days終了★

IMG_0144.JPG IMG_0078.JPG IMG_0104.JPG

Apple Geeta初の県外遠征ライブ。対バン「でぃがでぃな きよ里」さん達と新潟県三条市・新潟市で2days演奏してきました。ライブに足を運んで下さった方々、ありがとうございました。両日ともお誕生日の方がいらっしゃいましたが、Happy Birthdayの曲がレパートリーになかった為、次こそは準備しておきますね。お誕生日おめでとうございます!
きよ里さん、でぃがでぃなエチゴさんにはいろいろとお世話になりました。ありがとうございました。
また新潟のみなさんにお会いできることを楽しみにしています。
posted by Akiko☆sitar at 00:49| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

ライブ終了☆ラーガ&ターラ夏の夜のインド音楽〜シタール、尺八、タブラの調べ〜

DSCN8433.JPG DSCN8456.JPG DSCN8475.JPG

昨夜は新潟からシタール&尺八奏者の斉藤勇さんをお招きし、タブラ奏者の立岩潤三さんと、インド音楽ライブでした。3人で一緒に演奏する、ということを当日のリハで決めた為、それこそ即興のドキドキする展開となりました☆
尺八でもインド音楽を演奏することができる、ということにお客さん達もびっくりしている様子でしたね。せいぜい2オクターブから3オクターブ程度出せる楽器、かつ半音が出せるもの、そして微分音が出せると尚良いですが、基本が歌なので、歌うことのできる楽器なら演奏することは可能だと思います。
私はシタールで今回vilambit jhaptaal(ゆっくりな10拍子)に挑戦。立岩さんとは前回も別のラーガでvilambit jhaptaalを演奏させていただきましたが、お互いなかなかスリリングなやりとりとなりました☆また次の機会にお手合わせ願いたいと思います。
斉藤さんのシタールを聴くのも久しぶりだったのですが、彼らしいとても良い演奏を披露してくださいました。同じシタール奏者として私自身も刺激になり、今後の励みになります。
出ずっぱりの立岩さんとは事前の練習もなく、当日リハで急にいろいろと無茶なお願いをしてしまったのですがさすがプロ!なんでも答えてくださったので、とても心強く思いました。今後も無理難題を押し付けるかもしれませんが、よろしくお願いします〜
posted by Akiko☆sitar at 23:38| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

ラーガ&ターラ夏の夜のインド音楽〜シタール、尺八、タブラの調べ〜

10502336_768283476525907_4792882901575124490_n.jpg

久々にヒンドゥスターニー・ミュージックこと、北インド古典音楽を演奏します。シタールと尺八奏者の斉藤勇(さいとういさむ)さんに新潟からお越しいただき、タブラはマルチパーカッショニスト立岩潤三(たていわじゅんぞう)さんでお送りします。シタールという楽器を知れば知るほど、古典音楽を演奏する為の楽器なんだなーとしみじみ思いますし、演奏者によって音色が違うのも聴きどころ。ラーガ(旋律)による情感表現と、ターラ(リズム周期)を廻るタブラとの掛け合いも楽しんで下さい。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

【ラーガ&ターラ夏の夜のインド音楽〜シタール、尺八、タブラの調べ〜】
2014年8月2日(土)
18:30 open / 19:00 start
2,500円(1ドリンク付)

出演:
斉藤勇(シタール、尺八)from 新潟!
国分あきこ(シタール)
立岩潤三(タブラ)

会場:
町田 万象房
東京都町田市森野1-34-18ユニオンビル5F
小田急線町田駅北口徒歩3分
TEL042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/index.htm

出演者プロフィール:
斉藤勇(シタール、尺八)
新潟市出身。小学生のころにNHKスペシャル「シルクロード」で喜太郎が弾いたシタールの音に衝撃を受けたのが初シタール体験。大学卒業後にインドでシタールの手ほどきを受け、帰国後、東京在住のシタール奏者 プレマダーサ・ヘーゴダ氏にシタールの基礎を学ぶ。2004年よりシタール奏者 加藤貞寿氏から実践的奏法を学び、演奏活動を開始。2009年より新潟にて「でぃがでぃなエチゴ」として演奏活動を開始。インド音楽のみならず他ジャンルとのセッション、イベントなどにも参加している。2011年よりインド音楽のさらなる深みを求め、シュベンドラ・ラオ氏に師事。
でぃがでぃなエチゴHP:http://dd-echigo.jimdo.com/

国分あきこ(シタール)
The BeatlesのGeorge Harrison、Led ZeppelinのJimmy Pageなどロック・ミュージシャンの影響を受け、以前から興味のあったシタールを2000年から始める。
シタールを続けていくうちに北インド古典音楽の美しさに触れ、2005年からは日本在住シタール奏者アミット・ロイ氏に師事。
2009年アンビエント系オリジナル・インストゥルメンタルCD『puraana of Sitar』発表。
2010年インド音楽への理解をさらに深める為、北インド古典声楽(ドゥルパド、カヤール)を学び始める。
北インド古典音楽の演奏や、アコースティック・ロック・デュオ「Apple Geeta」、倍音ユニット「妙音天」などでシタールを弾き歌い活動中。
毎月第2日曜日は町田・万象房にてシタール・インド音楽教室を開講中。
blog:http://akikositar.seesaa.net/

立岩潤三(タブラ)
ドラムを坂田稔に、ダルブカをSusu Pampanin(S.F./USA)/Serdar BAGTIR(Istanbul/Turkey)に、タブラ・バヤを吉見征樹/Prafulla Athalye(Munbai/India)に師事。Glen Velez(N.Y./USA)からフレ−ムドラムのプライベ−トレッスンを受ける。ロック/ポップス/ジャズにとどまらず、インド/アラブ/イラン古典音楽、各種ダンスやライブペイントとのコラボレ−ション等幅広く活動中。日本のみに留まらずU.S.A.やヨ−ロッパ各国、U.K、トルコ、台湾、香港、韓国等でもボ−ダ−レスな演奏活動を展開中。Makyoというユニットではポルトガル最大規模の野外フェスティバル“Boom Festival 2010”でのトリの演奏をつとめる。共演者にKarsh Kale、NIYAZ、武久源造、朝崎郁恵、菊池成孔ほか、iOSAppsの音楽制作なども行う。
HP:http://members.jcom.home.ne.jp/tanc/
posted by Akiko☆sitar at 00:00| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

「弦が泣く夏夜」ライブ終了★

10534687_1421982624758178_144566848705422552_n.jpg 10426585_1421982078091566_3903230174757081959_n.jpg

昨夜はweeping sitar! 私はシタールの弦を泣かせ、Apple Geetaでギターリスト日倉士歳朗さんの前座を勤めさせていただきました。日倉士さんはギターの弦を泣かせ、エリック・クラプトンには絶対真似できない日本語で歌うロバート・ジョンソンを披露。いやぁ〜、格好良かった。子供の頃から歌い、ギターを弾いて来た日倉士さんの年季というか年輪というか、その深みのある音色は他の誰にも真似できない、何と表現したら良いのか?とてもミュージシャン魂を感じる演奏でした。
今回Apple Geetaは新曲含め6曲を披露。CDお買い上げいただいたお客様、ありがとうございました♪
posted by Akiko☆sitar at 23:46| ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

2月1日ライブ!インド音楽へのいざない〜シタール、サロード、タブラの調べ〜

昨年末から今年にかけて何かとバタバタ忙しく過ごしておりましたが、もう既に1月も半ば。2月はもうすぐやって来ます。さっそく2月1日はいつもお世話になっている町田の万象房にて、インド音楽を演奏しますよ〜!今回一緒に演奏してくださるのはタブラの立岩潤三さん、サロードの平川麦さんです。立岩潤三さんはタブラのみならず、様々なパーカッション及びジャンルで活躍されており、万象房でのインド音楽演奏は初めてだそうです。サロードの平川麦さんは最近ますますサロード演奏に磨きがかかってきており、久々の再会となるので楽しみにしています。私もシタールで良い演奏をみなさまに聴かせることができるよう、日々練習に打ち込んでいます〜♪当日は即興演奏になるので、一体どんなライブになるのやら?お楽しみに☆

************************************************************
【インド音楽へのいざない
〜シタール、サロード、タブラの調べ〜】
2014年2月1日(土)
18:30 open / 19:00 start
2,200円(1ドリンク付)

出演:
立岩潤三(タブラ)
国分あきこ(シタール)
平川麦(サロード)

出演者プロフィール:
立岩潤三(タブラ)
ドラムを坂田稔に、ダルブカをSusu Pampanin(S.F./USA)/Serdar BAGTIR(Istanbul/Turkey)に、タブラ・バヤを吉見征樹/Prafulla Athalye(Munbai/India)に師事。Glen Velez(N.Y./USA)からフレ−ムドラムのプライベ−トレッスンを受ける。ロック/ポップス/ジャズにとどまらず、インド/アラブ/イラン古典音楽、各種ダンスやライブペイントとのコラボレ−ション等幅広く活動中。日本のみに留まらずU.S.A.やヨ−ロッパ各国、U.K、トルコ、台湾、香港、韓国等でもボ−ダ−レスな演奏活動を展開中。Makyoというユニットではポルトガル最大規模の野外フェスティバル“Boom Festival 2010”でのトリの演奏をつとめる。共演者にKarsh Kale、NIYAZ、武久源造、朝崎郁恵、菊池成孔ほか、iOSAppsの音楽制作なども行う。ホームページ:http://members.jcom.home.ne.jp/tanc/

国分あきこ シタール
2000年シタールを始める。2005年日本在住シタール奏者アミット・ロイ氏に師事。2009年アンビエント系オリジナル・インストゥルメンタルCD『puraana of Sitar』発表。2010年インド音楽の理解をさらに深める為、北インド古典声楽(カヤール、ドゥルパド)を学び始める。アコースティック・デュオ「Apple Geeta」、倍音ユニット「妙音天」などでシタール弾き歌い活動中。万象房シタール教室講師。
http://www8.plala.or.jp/akikositar/Home.html

平川麦 サロード
2003年よりコルカタでサロードを始める。
2005年よりPt.Tejendra Narayan Majumdar氏に師事する。
現在、サロード、そして自身の音楽の鍛錬、発展、進化、ノンジャンル化を模索しつつ、様々なアーティストとのライブ、セッションワークに参加、活動中。

会場:
Nature & Acoustic Space 町田 万象房
東京都町田市森野1-34-18ユニオンビル5F
(エレベーターあります)
小田急線町田駅北口徒歩3分
TEL042-851-8875
************************************************************
2014indian_feb1.jpg2014indian_feb2-1.jpg
posted by Akiko☆sitar at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

「ザ 弦ズ!2013」万象房7周年記念ライブ初日

11/29にジョージ・ハリスン追悼ライブを終えたばかりのApple Geetaですが、12/7万象房7周年記念ライブに出演します!「ザ 弦ズ!」というタイトル通り、弦楽器奏者ばかり集めたライブ。各ユニットそれぞれ個性豊かな表情を見せ、色とりどりの音色を聞かせてくれることでしょう。今から楽しみです!

**************************************************

2013年12月7日(土)
【「ザ 弦ズ!2013」万象房7周年記念ライブ初日】
18:30 open 19:00 start
チャージ\2500(1ドリンク付)

【出演】
Apple Geeta : Akiko☆sitar(シタール/vo.) & George★kigawa(ギター/vo.)

たいしゅん(歌&Uke./マンドリン/三線/Gt.)

バンチャ・パリワール : クロママ、カンガー、カウリー(ネパールサーランギ)、ノルブ(マーダル)、トモコ(パーカッション各種)

♪やよいとあきら : 江良やよい(歌&Uke.) & 小池晃(Gt./ティプル/マンドリン)

万象房
東京都町田市森野1-34-18ユニオンビル5F
TEL:042-851-8875
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/

7th_anniversary1a4.jpg
posted by Akiko☆sitar at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

倍音ユニット「妙音天」11月のライブ!

基本の楽器はそれぞれシタールと琵琶とギター、すべて弦楽器ですが、声によるパフォーマンスも大事にしている倍音ユニット「妙音天」11月のライブ告知です!古典的な楽曲やそれぞれのオリジナル曲もありますが、民謡のレパートリーも少しずつ増やしていっており、今回は○○○○節を初披露予定!ユニットとしては6回目のライブ。これからも進化し続けます。

****************************************

「Stairway to Harmonique 〜倍音への階段〜 vol.6 妙音天(シタール 琵琶 ホーメイの調べ)」

三者三様が現す古(inishie)の倍音。波打ち、うねり、音と音が重なり合い、共鳴し、そして静けさがやって来る。シタール、琵琶、ホーメイ、声という波動で、それぞれの古典からオリジナル曲で楽しむことといたしましょう。過去と現在、静と動、有と無、時間と空間を行ったり来たりしながら、音・ことば・人間を体感して階段を昇る。

2013年11月23日(土)
19:30 開演
投げ銭LIVE+オーダー

出演:
青山雅明(ホーメイ)+ナカムラユウコ(筑前琵琶)+国分あきこ(シタール)

出演者プロフィール:
♪青山雅明
倍音シンガーソングライター 虚無僧尺八(法竹)奏者
12歳よりギターを弾き始め音楽活動を開始
1999年に倍音をテーマにしたバンド倍音S結成
2000年にトゥバ共和国で行われたホーメイコンテストでブループ部門2位を獲得。
2004年10月に倍音Sを脱退。様々なユニットを経てSOLO活動を開始。
2008年岡山守治と倍音デュオ神響王(カムヒビキング)結成
現在は日本の言葉と喉歌を中心とした原始的で素朴な弾き語りを中心に活動中
青山雅明HP
http://aoyama-masaaki.com/flash/

♪ナカムラユウコ
筑前琵琶弾き
2009年 姿の美しさに惹かれ琵琶を始める。筑前琵琶奏者の田原順子氏に師事。
古典以外に現代曲、創作弾き語り、民謡など。
格調高くなく、泥臭い琵琶を目指し試行錯誤中。

♪国分あきこ
印度音楽シタール奏者
2000年シタールを始める。
2005年日本在住シタール奏者アミット・ロイ氏に師事。
2009年アンビエント系オリジナル・インストゥルメンタルCD『puraana of Sitar』発表。
2010年インド音楽の理解をさらに深める為、北インド古典声楽(カヤール、ドゥルパド)を学び始める。
北インド古典音楽の知識を生かした即興演奏、オリジナル曲でのシタール演奏、弾き歌いで活動中。
国分あきこHP http://www8.plala.or.jp/akikositar/Home.html


たまり
川崎市麻生区高石1-11-1-1F
電話044-951-1603
http://www.tamari-sado.com/index.html
posted by Akiko☆sitar at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする